ナランチャのスタンド、エアロ・スミスは、戦闘機のスタンドです。

操っているのは、もちろん、本体のナランチャ・ギルガです。

ところが、このエアロ・スミスには、パイロットがいるって知ってますか?

なんと正式な設定では、このスタンドにはパイロットがいて、しかもちゃんと名前があるんです。

今回はエアロ・スミスのパイロットのことを紹介します!

スポンサーリンク



エアロ・スミスにパイロットがいる!?

みなさんは、エアロ・スミスにパイロットがいるって、ご存知でしたか?

私は知りませんでした。

それもそのはずで、物語中ではパイロットの存在を示唆する描写なんてありません。

コックピットにいる操縦者のことなんて、全く触れられていないのです。

でも、確かにエアロ・スミスには、コックピットがあります。

そして、これはリトル・フィートとの戦闘時のエアロ・スミスのアップの姿です。

よく見ると、パイロットらしき人影が操縦席にいますよね…。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風 32巻」P.70

実はやっぱり、これはエアロ・スミスのパイロットなんです。

スポンサーリンク



パイロットの名はスミスさん

このパイロットには、ちゃんと名前があります。

JOJOA-GO!GO!のエアロ・スミスの説明のところに、ちゃんと操縦者がいることが明記されています。しかも、ちゃんと『スミス』という名前まであるんです。

©集英社文庫「JOJOA-GO!GO! DISC.2 STANDS」P.95

JOJOA-GO!GO!は荒木先生監修の公式の出版物なので、この設定も正式なものです。

物語の中では、パイロットのパの時にも触れられてないというのに、なんという細かい設定なんでしょうか…。

エアロ・スミスをコントロールしているのは誰?

エアロ・スミスにパイロットが乗っているということは、このスタンドをコントロールしているのは誰なんでしょうか?

スミスさんが、コントロールすることで、遠距離自動操縦みたいな使い方ができたら凄く強そうですよね?

ナランチャは遠くからでは、二酸化炭素しか探知できません。対象がたくさんいると敵を判別することができません。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風 32巻」P.98

でも、スミスさんが操縦すれば、ナランチャから離れていても、視覚で操作できてとても強いのはないでしょうか?しかし、そうじゃないことは、原作を読んでいれば明らかです…。

スミスさん何のために、エアロ・スミスに乗ってるんでしょうね(^^♪

あるいは、これから能力が成長して、自動操縦できるようになったのかもしれません。

いずれにしても、ナランチャには、もう少し長く生きていて欲しかったなぁ。

スポンサーリンク



まとめ

というわで、今回はエアロ・スミスのパイロットについて書いてみました。

と言っても、原作中では全く触れられず、活躍もしないので、その存在を知ってもどうということはないのですが…。

スミスさんが活躍する姿を見たかったです。

セックス・ピストルズみたいに、よく喋るキャラクターだったらいいのになぁ(^^;