高い防御力を誇るスタンドです。しかも、一度触れるとその攻撃から逃れることは困難です。

物理的な攻撃しかできないスタンドに対しては、めっぽう強い能力です。子供の頃に読んだ時も「メチャクチャつえ~じゃん!」と思ったものです。

しかし、その能力は一言で表現すると、物を食べるだけです…。

果たしてこんな能力に、活用方法は存在するのでしょうか?

というわけで、今回はイエローテンパランスの活用方法を考えてみます。

スポンサーリンク



イエローテンパランスの能力

スタンドの外見はスライムのような感じです。実際に質感も弾力のあるゲル状のスタンドです。

本体の名前はラバーソウルで、DIOから金で雇われて、ジョースター一行を襲撃しました。そういうわけで、肉の芽は埋め込まれていません。

肉の芽を埋め込む基準が分からん!

DIOって、金で雇った奴には、肉の芽を埋め込まないですよね。

花京院やポルナレフは、忠誠心を植え付けるために、埋め込まれました、でも金で雇った奴こそ、一番裏切りやすいのに、理解できない基準です。

他にもヴァニラ・アイスには埋め込まず、エンヤ婆には埋め込んでいます。DIOが何を持って忠誠心と考えるかの基準が、よく分からないです(^^;

シンガポールで花京院に変装する形で、承太郎を襲ってきました。

特徴

決まった形状を取らないスタンドです。高い防御力を誇り、スタープラチナのオラオララッシュも完全に吸収するほどです。

しかも、体の周りを覆って、他人に変装することができます。皮膚や衣服なども完全に再現できるようで、外見では判断できないほど、精密に変装することができます。

ただし、本体のラバーソウルは外見は完璧に似せるクセに、性格を真似ようとは考えないみたいです。

承太郎に対して、挑発的な言葉を吐いたり、スリに対して、アルゼンチンバックブリーカーのようなワイルドな技をかけるなど、好き放題です。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 9巻」P.159

最も、それは承太郎に手を出させるための、挑発だったのかもしれませんが…。

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 D 能動的な攻撃力は低いですが、防御力は高いです
スピード C
射程距離 E 一度ロープウェイで数十m程度離れています
持続力 A
精密動作 E 狙ってスライムを飛ばすなどはできない模様
成長性 D 食べることでスタンドの大きさは成長する

イエローテンパランスは、凡人にも見えるスタンドです。ただし見える理由は、ストレングスとは違い、喰らった肉と同化しているからです。そのため、人間でも触れるという特徴があります。

凡人に見えるというのは、実はとっても便利な能力ですね。

ちなみにイエローテンパランスを操るには、かなりの集中力が必要なようです。

承太郎が水圧を利用して、マンホールの蓋をぶつけただけで、スタンドが解除されてしまいました。意識が飛んだことが原因かもしれませんが、すぐそのあとの場面では、ハッキリと意識があるので、飛んだとしても一瞬のはずです。

ちょっとだけでも集中力が切れると、解除されてしまうデリケートさがあるようですね。

特殊能力

イエローテンパランスに触れた相手を、消化して食べてしまうという能力です。犬などは一瞬で消化されてしまいました。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 9巻」P.193

そして、食べた相手を栄養として、スタンド自体も肥大化します。

また、イエローテンパランスは、スライム状のスタンドの一部を、相手に付着させることができます。付着した部分から、だんだんと食べられてしまいます。

さらに付着したイエローテンパランスは、熱すると放射状に広がって、付着範囲が広がります。そして、冷やすと針のような形状になって固まり、皮膚に更に食い込みます。

また、イエローテンパランスは食欲旺盛です。(むしろ、ラバーソウルの方の食欲かもしれませんが…)カブトムシを見て、食欲を抑えられなくなり、捕まえてむさぼり食べています。

しかし、スタンドが食べるとはいえ、犬や人肉を食べるなんて、気持ち悪くないんでしょうかね…。好き嫌いなく、何でも食べるラバーソウルが凄過ぎです(-_-;)

イエローテンパランスの謎…

このイエローテンパランスのエピソードにだけ、未だに解消されない疑問がいくつもあります…。

誰か合理的な解釈を教えてください…(^^;

  1. 花京院はどこにいたの?
  2. 承太郎とラバーソウルのバトルの間、花京院はどこにいたんでしょうか?監禁されていたなんて、描写も無いですし、最終的に何事も無かったかのように合流しちゃってるし…。

    シンガポール観光でもしてたんでしょうかね?

  3. 偽花京院が出したハイエロファントは何なの?
  4. 花京院に扮したラバーソウルが、スリを捕まえるために、ハイエロファントグリーンを出してます。なぜ、ラバーソウルに出せちゃうんでしょうか?

    イエローテンパランスを、ハイエロファントに化けさせたんでしょうかね…。

  5. 食べている限り肥大化し続けちゃうんじゃないの?
  6. 食べまくってたら、どんどん肥大化して、地上がイエローテンパランスだらけになっちゃったりしないんでしょうか?

    そんなことになったら、世界は地獄ですね…。

スポンサーリンク



有効度

イエローテンパランスは、圧倒的な防御力を誇りますが、平和目的で利用する場合は、防御力なんてさほど重要じゃありません。

やはり、ポイントになる能力は、食べることと変装することだと思います。

何でも食べてしまう能力なので、食品廃棄物などの処理はできそうです。しかし、変なものを食べるのは気持ち悪いです。美味しいものは、普通に自分が食べたいです。

そうなると、色んなものに変装できる能力が、色々な使い道があって便利そうです。

自分自身は食べられたりしないので、恐らく相手を食べるかどうかも、自分でコントロールできるのではないでしょうか。

そうなると、他人を変装させるという使い道もありそうです。

リスク

リスクは間違って、人間を食べてしまうと、傷害罪などに問われる可能性があることです。

殺傷力が高いスタンドですし、扱いには十分注意が必要です。

スポンサーリンク



悪用度

イエローテンパランスは、凡人にも見えてしまうスタンドです。そのため、動物や人間を食べると目撃されたり、証拠が残りやすいです。

そもそも、人を傷つけるような悪用方法は、リスクばかり高くて、メリットがありません。

それよりも、他人になりすまして、欺や窃盗を働く方が、上手な悪用方法だと言えます。

世界への影響

他人に返信しても世界に直接的な影響は無いでしょう。

また、どんなに食料をむさぼり食べたとしても、世界が食糧不足になるようなこともないはずです。

イエローテンパランスが世界に与える影響は、ほぼ無いと言えます。

スポンサーリンク



使い道と活かし方

消化して食べるという能力は、特に活用方法を思いつきません。食品廃棄物の処理や害獣駆除などの使い道が考えられますが、そんなのスタンドを使わなくても、代わりの方法はいくらでもあります。

やはり、他人に変装できることが一番、汎用的な能力ではないでしょうか?

そこで、イエローテンパランスの活用方法は、このようなものとしました。

イエローテンパランスの活かし方


イエローテンパランスは、自在に変装できます。架空の人物でも、実在の人物でも問題無いようです。

それを踏まえると、まず考えられるのが、ファッションショーや写真撮影などのモデルです。

モデルとして理想の外見の人間になれます。もし、実在の芸能人やモデルの代わりに仕事を代行することも可能です。

また、人を返信させてあげることもできます。ハロウィンなどの仮装や、理想の外見になることなど、その人の変身願望をかなえてあげることもできます。

とは言え、射程距離が短いので、常に自分がすぐ近くにいる必要があります。

他人に使う場合には、不便な能力です。

総合評価★★☆☆☆

イエローテンパランスの一番の武器である、触れた物を消化して食べてしまう能力は、有効な活用方法が思いつきません。

それどころか、人を傷つけてしまうリスキーな能力です。

また、変身能力も射程距離の短さのせいで、自分以外にはあまり有効ではありません。

そのような、使い辛さを考慮して、総合評価は★★☆☆☆としました。

まぁ、護身用には役立ちそうです。

車に轢かれたり、高い所から転落しても、無傷でいられそうですね…。

§イエローテンパランスが登場する巻(文庫本)§