チョコラータが操るグリーン・デイは、ボスも嫌悪する残虐非道なスタンドです。

無差別に人の体をカビで崩壊させるという、凶悪な能力です。

果たしてこんなスタンドに、殺戮以外の利用価値などあるのでしょうか?

というわけで、今回はグリーン・デイの能力を考察しつつ、活用方法を考えてみます。

スポンサーリンク



グリーン・デイの能力

グリーン・デイは生きている動植物にカビを生えさせる能力です。このカビの胞子は、現在よりも低い位置に移ると発芽して、増殖を開始します。

その増殖速度は圧倒的に速く、たちまち死に至らしめる恐ろしい殺傷力です。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風 37巻」P.130

スタンド自体は、本体からわずかしか離れられないため、近距離パワー型に分類されるスタンドです。

しかし、カビの能力は、スタンド胞子のようなものをまき散らして増殖します。このスタンド胞子は、犠牲者の死体に付着しており、それがさらに付近の生物に付着することで、どんどん増殖します。

そのため、能力を発動している間は、カビの汚染範囲は広がり続けます。そのため、スタンド能力の射程距離は無限大です。

特徴

全体的にスペックは高めです。射程距離がAですが、これは特殊能力であるカビの感染が、死体を介してどこまでも広がるためです。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風 37巻」P.263

厳密な射程距離である、本体から離れられる距離は、1m~2m程度と考えられます。

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 A カビが生えるとあっという間に体が崩壊
スピード C
射程距離 A カビの感染範囲は∞
持続力 A
精密動作 E
成長性 A 何をもって成長と言えるのか…

全体的に高いスペックの中で、精密動作性だけはEです。カビが生える相手を制御することはできないため、完全無差別殺戮になってしまいます。(※2021/5/3修正:ご指摘のコメントありがとうございました!)

ただし、セッコはローマでカビが増殖中に、ヘリコプターから地面に飛び込んでいるため、カビが生える相手はコントロールできるようです。

最もチョコラータ本人は、誰が死のうとお構いなしなので、積極的にコントロールしようとは考えないようです。

特殊能力

グリーン・デイの特殊能力は、動植物にカビを生やすことです。

このカビには、次のような特徴があります。

  • 高さが下がると発芽して増殖を開始する
  • 増殖速度は超高速
  • 血管などを塞いて止血することができる
  • 能力を解除するとカビも消失する
  • 生命が無い物には生やすことができない
  • 生やす相手はコントロール可能

グリーン・デイのカビは、圧倒的な速さで広がり、たちまち人を死に至らしめます。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風 37巻」P.131

カビが生える対象は、コントロールできるといっても、能力自体が非常に致死性が高く、それ以外の使い道がありません。

ただただ、殺戮だけのための能力です…。

スポンサーリンク



有効度

有効活用するための重要条件は、能力をコントロールできることです。

そういう意味では、グリーン・デイの能力は、一応コントロール可能です。

しかし、猛烈な勢いで、カビが増殖していく中で、感染対象を人間の感覚で細かく区別できるのかが疑問です。せいぜい、区別できるのは、10人くらいが限度ではないでしょうか?

しかも、このカビが生えた、生命体はボロボロになって朽ち果てるだけです。

せめて美味しいチーズが作れるカビとかだったら、使い道もありそうです。しかし、牛乳には生命力が無いため、そもそもカビが生えません。

害虫や害獣を駆除するのに使おうとしても、感染対象の区別が人間業では難しそうです。そのため、カビの拡大をコントロールできないため、危険すぎて使えません…。

リスク

能力を使うこと自体がリスクの塊です。

能力を使った時点で、大量殺人・大量破壊につながります。

グリーン・デイの能力を使ったら最後、凶悪犯罪者として一生を棒に振ることになるでしょう…。

スポンサーリンク



悪用度

悪用しようにも、使い道は殺戮しかありません。

普通、殺人などしても、何の得もありません。

経済犯罪とか、人を操るような能力じゃないと、あまりメリットがないため、悪事にも向かないスタンドです。

世界への影響

グリーン・デイのカビは、凄まじい勢いで広がります。

ずっと能力を使い続ければ、世界を破滅させかねません。

能力を使った時の、世界中の被害は甚大です。

スポンサーリンク



使い道と活かし方

というわけで、害悪しか生まないグリーン・デイですが、無理やり活用方法を考えてみました…。

グリーン・デイの活かし方


低い位置に移動した生物は、全て死に絶えるという特徴を活かし、やはり、害虫や害獣の駆除などが良さそうです。

ただし、事実上、制御不能の能力なので、大量発生した蚊やイナゴなどを駆除しようとすると、あっという間にカビが広がってしまいます。植物を含めて、生物が死に絶えた死の土地にになってしまいそうです。

例えば、池や川に生息する、特定外来生物などを駆除するなど、広範囲に広がるリスクを抑えた使い方をする必要がありそうです。

総合評価★☆☆☆☆

グリーン・デイは殺戮を目的とした、生物兵器と何ら変わりがない能力です。そりゃあ、ジョルノも7ページに渡ってボコボコにしたくなりますよね…。

全く何の役にも立たないスタンド能力ですが、とりあえず、使いさえしなければ災いをもたらすことはありません。

というわけで、総合評価は★☆☆☆☆としました。

さすが下衆の中の下衆『チョコラータ』のスタンドといったところですね…。

§グリーン・デイが登場する巻(文庫本)§