ジョジョのボスキャラのスタンド能力は、時間や次元を操る能力が多いですよね?

その代表格が、ザ・ワールドとキング・クリムゾンではないでしょうか?

時間を止める能力と、時間を消し飛ばす能力という、どちらも時間を操る能力です。

この強力な能力の持ち主、DIOとディアボロが戦ったら、果たしてどちらが勝つんでしょうか?

今回は『もしもザ・ワールドとキング・クリムゾンが戦ったら?』を考察してみます。

スポンサーリンク



ザ・ワールドとキング・クリムゾンの能力の特徴

まずは、ザ・ワールドとキング・クリムゾンの能力の特徴を軽くおさらいしておきましょう。

どっちも無防備な相手を、一方的に攻撃できる凶悪な能力です(-_-;)

ザ・ワールド

ザ・ワールドは、時間を止め、その止まった時の中を自由に動ける特殊能力を持っています。

停止できる時間は7秒程度です。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 17巻」P.243

この止まった時の中では、相手は事象を認識することができず、行動することもできません。

当然ながら全く無防備な状態になります。

キング・クリムゾン

キング・クリムゾンの特殊能力は、未来に起きることを予知(エピタフ)することと、その未来の特定の時間を消し飛ばしてしまうことです。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風 35巻」P.76

消し飛ばせるのは数秒程度ですが、消し飛ばされた時間に起きたことは、完全に消滅するため、その時間の記憶は誰も持っていません。

そのため、自分がダメージを負うなどの、都合の悪い事実を無効にしてしまうことができます。

攻撃自体は通常の時空の中で行いますが、大抵の場合、相手は時間を消し飛ばされて、事態を認識できてない状態です。その状態の相手を不意打ちする形になるため、やはり無防備な相手を一方的に攻撃することができます。

スポンサーリンク



ザ・ワールドとキング・クリムゾンの必勝パターン

では、今度は戦闘時の中心な戦術、必勝パターンを見ていきましょう。

まずはザ・ワールドからです。

時を止めて不意打ち

ザ・ワールドの基本戦術は、まず最初に時間を止めている間に、十分な致命打を叩き込める距離まで近づくことです。

しかし、相手に能力がバレてしまうと、その相手は時間を止められても安全な距離を保つために、徹底的に逃げて身を隠そうとします。そして、身を隠した後は、チャンスをうかがって不意打ちを仕掛けてくるはずです(原作でポルナレフがやったように)

こうなると、さすがのザ・ワールドでも、負けてしまう可能性があります。

そのため、実は十分接近するために、敵を追いかけ回すよりは、こちらに気付いてない相手に対して、時間を止めて確実に仕留めることの方が必勝パターンと言えます。

未来の事実を消し飛ばして不意打ち

一方のキング・クリムゾンの基本戦術は、敵の存在を認識した直後に、未来予知(エピタフ)を使って、これから起きることを予測することが、基本になります。そして、その中で自分に危険な攻撃があれば、その事実を消し飛ばします。

まずはこれが基本中の基本です。

次に攻撃ですが、未来予測中は、自分のみ行動できます。しかし、ザ・ワールドとは違い、その状態の相手に直接致命打を与えることはできないようです。(相手の目に血液を飛ばして、目つぶしを食らわすみたいなことはできるようですが…)

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風 39巻」P.184

攻撃は通常時にしかできないようです。

そこで、相手に接近したり、背後に回り込むという動作をキング・クリムゾンの能力で消し飛ばし、至近距離から突然攻撃するというのが基本になります。

つまり、整理すると、ますキング・クリムゾンの能力を発動し、未来予知をします。予知した結果、自分が攻撃されることが予想された場合は、その事実を消し飛ばします。

もし、攻撃されない場合は、相手に接近します。当然、接近中に攻撃されますが、その事実は消し飛ばします。そして、至近距離から致命打を打ち込みます。

ちょっと複雑ですが、これが必勝パターンになります。

以上を踏まえると、どちらが強いのかの結論は意外にシンプルです…。

結論!

ザ・ワールドとキング・クリムゾンはどちらが強いのか?それは『能力を先に発動させた方の勝ち!』が、現実的な結論ではないでしょうか?

まずキング・クリムゾンは、自分に都合の悪い未来は、消してしまうことができます。予知した未来に、ザ・ワールドによって時間を止められて、フルボッコにされて、致命傷を受けている事実があっても、それを無かったことにできてしまいます。あとは接近して、致命傷を与えることができれば、キング・クリムゾンが勝利するでしょう。

でも、それはザ・ワールドに時間を止められる前に、キング・クリムゾンの能力を発動できたらの話です。

キング・クリムゾンは普通のスタンド使いが相手の場合は、相手がスタンド能力を発動させても、それを被弾する前に、自分の能力を発動させれば、全く問題ありません。

しかし、ザ・ワールドの場合は、時間を止めるという能力を発動された時点で、自分が致命傷を受けてしまうことになります。

そのため、先にザ・ワールドに時間を止められて、致命傷を受けてしまった場合、過去の事実は消すことができないため、ザ・ワールドの勝ちになるでしょう。

以上から、『能力を先に発動させた方の勝ち!』という結論にしました。

ちなみにこの結論は、単純にスタンドの能力を比較した時の推測です。

それぞれのスタンドの本体の特性まで考慮に入れると、ザ・ワールドがかなり有利です。ザ・ワールドの本体のDIOは吸血鬼なので、頭部を破壊する以外のダメージは、あっという間に回復してしまいます。

このスタンド同士の戦いの場合は、一発で相手を仕留めないと、反撃により自分が敗北する可能性が、かなり高くなります。

そのため、最初の一撃を無効化できる可能性の高い、DIOの操るザ・ワールドが圧倒的に優位ではないかと思います。

スポンサーリンク



まとめ

というわけで『ザ・ワールドとキング・クリムゾンはどちらが強いのか?』の結論は、『能力を先に発動させた方の勝ち!』としました。

とは言え、お互いの距離や、どちらが先に相手に気付いたのかなど、色々な条件によって変わってくるので、なかなか難しいですね。

皆さんだったら、ザ・ワールドとキング・クリムゾンのどちらの能力の方を持って戦いたいですか?

ぜひ、教えてくださいね(^^)/