どっちが強いのかシリーズの第2弾は、ザ・ワールドとキラークイーンです。

ザ・ワールドはシンプルに、時間を止める能力が無敵すぎます。

そして、キラークイーンは、シアーハートアタックやバイツァ・ダストなど、複数の強力な能力を持つチートスタンドです。

果たしてどちらが強いのでしょうか?

というわけで、ザ・ワールドvsキラークイーンを色々と考察してみたいと思います。

ザ・ワールドとキラークイーンの特徴

まずは、ザ・ワールドとキラークイーンの能力を簡単におさらいしておきます。

どちらもボスキャラらしい、チートっぷりです…。

ザ・ワールド

ザ・ワールドの能力は、言わずと知れた時間を止めるというものです。

シンプルにして、史上最強のスタンド能力です。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 17巻」P.120

止めた時間の中では、本体のDIOとザ・ワールドのスタンドだけが行動できます。

そして、時間が止まっている間の出来事は、DIO以外は誰も認識することができません。

キラークイーン

キラークイーンの能力は多彩です。

  • 触れた物を爆弾に変える「キラークイーン」
  • 触れた物を爆弾に変えます。

    爆弾になった物は、他人が触れると自動で爆発する「接触型」と、キラークイーンが任意のタイミングで爆破できる「点火型」があります。

    ©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 29巻」P.66

    人自体を爆弾にすることも可能です。この場合は、どちらのタイプの爆弾に変えられたたとしても、死亡確定となってしまいます。

  • より温度が高い物体を追撃して爆破する「シアーハートアタック」
  • キラークイーンの左手から射出される、小型戦車のような遠隔自動操縦型のスタンドです。

    近くの物体の中で、最も温度が高い物を追尾し、それに触れた途端に爆発します。

    ©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 24巻」P.89

    スタープラチナのラッシュパンチでも、大したダメージを受けない、不死身のボディをしています。そのため、追尾されたターゲットは、逃げ続けるしかないというチートスタンドです。

  • 第三者に仕掛けて、自分の正体を探るものを爆破する「バイツァ・ダスト」
  • 第三者に仕掛けることで、発動する能力です。

    仕掛けた人間にアプローチして、吉良吉影のことを探ろうとすると、探りを入れてきた人間の瞳の中に侵入し爆死させるのと同時に、1時間時間を巻き戻します。

    巻き戻された後は、一度爆破された人間は、その時間になると勝手に爆死します。

どれも非常にズルくて強力な能力です。

さらに詳しい能力の説明は、この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク



ザ・ワールドとキラークイーンの必勝パターン

というわけで、今度はそれぞれのスタンドの必勝パターンを見ていきましょう。

時間を止めてフルボッコ

ザ・ワールドの必勝パターンは、時間を止めて相手に接近し、致命打を与えることです。

シンプルで破ることが不可能な戦術です。

しかし、問題は最初にある程度、接近する必要があることです。

ザ・ワールドの停止時間は7秒なので、7秒間で接近できる距離に近づかなければいけません。

実は対キラークイーンにおいては、どうやって接近するかがカギになります。

とにかく触る

キラークイーンは、相手に触れて爆弾に変えるか、爆弾に変えた物体の爆発に巻き込むことが、基本的な戦い方になります。

キラークイーン自体は、接近戦が不得手なため、真正面から対面して相手を爆弾に変えるよりも、不意を突いて触って爆破する。

またはシアーハートアタックを放って、自分は遠くに退避するといった戦術が常套手段です。

バイツァ・ダストは相手が自分の正体を知らないで、自分を探していることと、第三者に仕掛けておくことが条件となります。

バイツァ・ダストを発動している間は、本体は全く無防備なうえ、自分のことを探している相手にしか効果がありません。そのため、実は使い勝手が悪い能力だったりします。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 29巻」P.19

以上を踏まえると、キラークイーンやシアーハートアタックを使った戦いが中心となります。

また、原作の仗助とのバトルでは、ストレイ・キャットを使った、空気弾を使用していましたが、これも別スタンドの能力なので、除外して考えることにします。

スポンサーリンク



結論!

結論から言うと、やはり、ザ・ワールドの方が圧倒的に有利です。

まず、接近戦でザ・ワールドとキラークイーンが戦った場合、時間を止めてしまえば、一方的にザ・ワールドが勝利するでしょう。

また、キラークイーンはクレイジー・ダイヤモンドとの接近戦では、歯が立ちませんでした。

このことから、わざわざ時間を止めなくても、ザ・ワールドの方が勝利する可能性まであります。

ただし、接近戦ではなく、シアーハートアタックを使用した場合は、少し状況が変わります。

時間を止めることができれば、爆死させられることはないでしょう。しかし、なんと言っても不死身の頑丈さを持つ、シアーハートアタックです。

ザ・ワールドのパワーでも破壊することができないため、最終的には一度退却して、シアーハートアタックの追撃をかわすことになるでしょう。

そうなると、引き分けということになります。

となると、後はバイツァ・ダストを仕掛けて、ひたすら逃げ続けることしか、キラークイーンに勝ち目はありません。

しかし、バイツァ・ダストを仕掛けた人間を、そう都合良く探ってくれるとは限りません。

そのため、バイツァ・ダストはかなり運任せの戦術になります。

以上から、長期戦覚悟で、キラークイーン側に接近するチャンスを伺えば、ザ・ワールドにかなり分があると考えました。

キラークイーンを捜索中に、バイツァ・ダストを仕掛けた人間に遭遇しないことがポイントですね…。

まとめ

というわけで、ザ・ワールドとキラークイーンの対決は、ザ・ワールドがかなり有利と考えました。

とは言え、バイツァ・ダストの使い方を工夫すれば、キラークイーン側にもワンチャンありそうです。

探されそうな人物を選んで、バイツァ・ダストを仕掛けることが、キラークイーンの勝つ唯一の道ではないでしょうか…。