第四部、ダイヤモンドは砕けないのボスキャラ、吉良吉影の操るスタンドが、キラー・クイーンです。

一人で3つもの強力な能力を持っている、チートスタンドです。能力は触れた物を跡形もなく、消し去る爆破能力です。

人間だろうが物だろうが触れた物を消し去る能力は、超強力です。

でも、普通の生活をしようと思ったら、この能力ってどうなんでしょうか?

そこで、実際に自分がキラー・クイーンを使えるとしたら、どんな活用方法があるのかを考えてみました。

というわけで、今回はキラー・クイーンの活用方法を考えてみます。

スポンサーリンク



キラー・クイーンの能力

キラー・クイーンは全身が白い人間型のスタンドです。

本体の至近距離にしか存在できないため、基本的には近距離パワー型です。

しかし、左手に内蔵されているシアーハートアタックは、温度の高い物体を自動追尾して爆破する、遠隔自動操縦型のスタンドです。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 24巻」P.98

スタープラチナのパワーをもってしても破壊不能な、頑強なスタンドです。そのため、物理攻撃しかできないスタンドだと、太刀打ちできない恐ろしい能力です。

さらに物語終盤には、バイツァ・ダストという新たな能力まで発現しています。

バイツァ・ダストは、人間に地雷のように仕掛ける能力です。仕掛けた人間が吉良吉影のことを誰かにしゃべったり、逆にその人間に対して、吉良吉影のことを質問したり、無理やり尋問したりすると、その人を爆破し、時間を1時間前に戻してしまいます。

爆破後に再び、1時間経過すると、爆破された人間は何をしていようと、必ず爆発消滅してしまいます。

バイツァ・ダストが発動すると、何も抵抗できません。

どんどん、ズルい能力を発現するスタンドです。まぁ、ボスキャラのスタンドなんて、どれもズルいですけど…。

特徴

吉良吉影の性格を反映しているせいか、接近戦は意外に強くないスタンドです。

ボロボロの承太郎のスタープラチナにも、ボコボコにされ、クレイジーダイヤモンドとの戦闘時も、早々に接近戦を放棄しました。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 24巻」P.201

破壊力もAではあるものの、クレイジーダイヤモンドの直すパワーには及びません。

最終バトル時も、ストレイ・キャットとの連携や吉良吉廣の助けによって、仗助と互角に戦いましたが、それが無くなると、弱体化するスタンドでした。

バイツァ・ダストの能力は圧倒的ですが、それが無いと意外に弱い能力です。

実は歴代のボスキャラの中でも、弱いスタンドかもしれません。

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 A 一気に消し去る爆破力は驚異的
スピード B クレイジー・ダイヤモンドにも圧倒されているため、もっと低い印象
射程距離 D
持続力 B シアーハートアタックは、相手を消し去るまで持続
精密動作 B
成長性 A

射程距離はDですが、シアーハートアタックの射程距離は、非常に長いです。

また、成長性はAというのも特徴的です。“平穏に暮らしたい”“見つかりたくない”という想いが極限に達すると、新たな成長をもたらすスタンドです。

実はそれが一番の特徴と言えるかもしれません。

特殊能力

キラークイーンの特殊能力はとってもたくさんあります。

順番に書いておきます。

【キラー・クイーンの能力】

能力名 特殊能力 特徴
キラー・クイーン 触れた物を爆弾に変える 爆弾に変えた物自体を爆発させることも、爆弾に触れた物を爆破することも可能
起爆方法は触れることと、右手のスイッチの2種類がある
爆弾に変えられるのは、一度に一つだけ
シアーハートアタック 温度の高い物体を感知する
自爆する
自爆しても自身は消滅しないので、何度でも爆破可能
バイツァ・ダスト 対象の人間に取り付く
相手の眼球に入りその人間を爆破する
爆破後に1時間時間を戻す
一度、爆破された人間は何をしていても同時刻に爆発するが、その前にバイツァ・ダストを解除すると爆発を免れることができる。

爆発した物体は、跡形も無く消え去ります。自分の正体を知られたくないという、性格がスタンド能力に現れているかのようです。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 27巻」P.256~P.257

物語終盤では、ストレイ・キャットの空気を爆弾に変えるなど、何であろうとも爆弾に変えてしまっています。

とにかく相手に触ることができれば勝ちという、強力なスタンドです。

爆破する範囲も意外に、細かくコントロール可能です。電車で出会った若いカップルを爆破消滅させた際には、男の耳だけ残して、消滅させるという細かい調整をしました。

スポンサーリンク



有効度

キラー・クイーンの能力は、爆破というよりも、対象物を消滅させると解釈すると分かりやすいです。

邪魔なものは跡形も無く、綺麗さっぱり処分することが可能です。

廃棄物や有害物などを消すと便利そうです。

ちなみにシアーハートアタックは、無差別に爆破しまくるため、危険すぎて事実上使用することが無理な能力です(-_-;)

リスク

他人の所有物や、人自体を爆破してしまうと一大事です。

完全に消滅してしまうため、取り返しのつかないことになってしまいます。

能力を使用する時は、慎重さが必要な能力です。

スポンサーリンク



悪用度

悪事に使うにしても、そんなに便利な使い方が思い付きません。

銀行や貴金属店や宝石店に侵入して、窃盗を行うことなどが思い付きます。

しかし、壁などを爆破した跡が残るため、証拠を消すことが困難です。

爆破だけだと、なかなか便利な悪事が思いつきません。

世界への影響

物を爆破・消滅させるだけなので、世界への直接的な影響はありません。

だからと言って、重要な社会インフラなどを設備を爆破すると、社会が大混乱する可能性がありますが…。

スポンサーリンク



使い道と活かし方

キラー・クイーンは、ダイヤモンドは砕けないのラスボスだけあって、高い戦闘能力を誇るスタンドです。

そこで、こんな使い方を考えてみました。

キラー・クイーンの活かし方


キラー・クイーンの精密な爆破能力を使って、建築物を安全に解体する作業員とかに使えそうです。

他にはごみ処分場とか、産業廃棄物や放射性廃棄物などの処分にも使えそうです。

社会で排出されるものの後始末的な仕事にしか使えないため、微妙なスタンドではあります

総合評価★★★☆☆

キラークイーンは、ラスボスの能力でありながら、爆破するという破壊的な能力のため、意外なくらいに使い道が無いスタンドです。

日常生活では、色々と便利な面もあるのでしょうが、社会貢献ともなると、大した使い道がありません。

というわけで、総合評価は★★★☆☆としました。

やっぱり、消すだけじゃなく、何か価値を生み出す能力の方が、世の中に貢献できる気がします。

§キラー・クイーンが登場する巻(文庫本)§