第三部の冒頭に、ジョセフと共に現れたモハメド・アヴドゥルのスタンドです。

炎を自在に操るスタンドですが、通常の炎とは違い、下方向など、好きな方向に延焼させられることが特徴です。

スタンド使いとしては、まだ未熟だったとはいえ、承太郎のスタープラチナと互角以上に渡り合うなど、非常に強力なスタンドです。

でも、実際には活躍したと言えるのは、ポルナレフ(シルバーチャリオッツ)、カメオ(ジャッジメント)、マライア(バステト女神)とのバトルの時くらいです。

J・ガイル(ハングドマン)とホル・ホース(エンペラー)とのバトルの時の負傷で、途中退場している影響が大きいのかもしれませんね。

そんなマジシャンズレッドは、どんな活用方法が考えられるのでしょうか?

スポンサーリンク



マジシャンズレッドの能力

炎を操る能力を持ちます。炎と言っても、それはスタンドなので、凡人には見えない炎です。

そのため、承太郎とアヴドゥルがバトルした留置場内では、警察官たちは、なぜか熱くなる一方の状況にうろたえていました。

また、この炎は、自在に操ることができます。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 8巻」P.234

ポルナレフとの戦闘では、テーブルの下半分を焼いたり、地面に穴を掘ったりと、結構汎用的な使い方ができます。

承太郎を炎の縄(レッドバインド)で、拘束したりなんてこともしました。

また、炎の温度も相当高そうです。

スタープラチナが投げようとした鉄の棒を「空中で溶かすのはわけない」と言いました。鉄の融点は1,538℃ですが、スタープラチナが投げた高速で飛んでくる、鉄の棒を空中で溶かすとなると、その程度の温度の炎では無理なはずです。

飛んでくる鉄を、一瞬で溶かすとなると、数千度くらいの高温でないと、難しいのではないでしょうか?

もはやそうなると、炎の色は赤ではなく白になります。そうなるともはや、マジシャンズホワイトですね…。

ちなみに太陽の温度も数千度で、炎の色も白です。

本気を出したマジシャンズレッドは、太陽と同じくらいの高温の炎を出すことができるわけです。

でも、そんなことしたら、その場にいる人みんなが、一気に蒸発しちゃうんじゃないでしょうか?

そう考えると、これほどの高温の炎を周囲に出されたら、近づくことすら不可能です。たとえ時間を止めても、手も足も出ないでしょう。

実はマジシャンズレッドは、最強のスタンドなんじゃないでしょうか?

特徴

口や手から自在に炎を出すことができます。

スタンド射程距離は短いものの、炎は遠距離まで飛ばせるので、事実上の射程距離は、結構長いスタンドです。

また、素手の攻撃でのパワーも相当のようで、近距離パワー型のジャッジメントの腕や頭を、キック一発で砕いたりしています。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 12巻」P.92

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 B 個人的にはAでも良いんじゃないかと思うくらいです。
スピード B
射程距離 C 炎は遠くまで飛ばせる
持続力 B
精密動作 C 炎は自在にコントロール可能
成長性 D

火を出すだけの単純な能力ですが、そのような単純な能力ほど、汎用性か高いと言えます。

しかも、延焼方向などもコントロールできるので、勝手に燃え広がることも防ぐことができます。ちゃんとコントロールすれば、火事になる心配も無いという、安全性も高い能力です!

自分が使えたらと思うと、色々な用途が思いつきます。

特殊能力

特殊能力は何度も書いてますが、炎を出すということです。

シンプルですが、強力な能力ですね。

その炎を自在に操る、様々な技を持っています。

  • クロスファイヤーハリケーン(C・F・H)
  • アンクの形をした炎を発射する。地面に穴を掘れるくらいの威力と温度です。

  • クロスファイヤーハリケーン(C・F・H・S)
  • アンクの形をした炎を連続発射する。

  • レッド・バインド(赤い荒縄)
  • 炎の縄で相手を拘束する。そんなもので縛られたらエライ火傷しそうですね。

  • 炎の探知機
  • 上下左右前後の6方向に対して、半径15m以内の生物を探知できます。これでケニーGの居場所を探し出しました。

燃やすだけでなく、縛ったり、生命探知したりと、実はかなりの芸達者なスタンドです。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 16巻」P.94

便利で強力な能力ばかりですね。それにもかかわらず、あまり活躍してないのが残念です(^^;

スポンサーリンク



有効度

ただの炎ではなく、鉄の棒を空中で、一気に溶かすほどの高温の炎です。

そこまでの高温なら、色々な使い道がありそうです。

しかも、延焼方向を自分でコントロールできるので、燃やしたくない物まで燃やす心配がありません。

有効活用する上で、燃やし方をコントロールできることは、非常に便利な能力です。

リスク

マジシャンズレッドの炎は、太陽の温度に匹敵する超高温です。

無差別に能力を使ったら、この世の全てを焼き尽くす危険な能力です。

しかし、コントロール可能なので、そんな心配はありません。燃やしたくないものは、燃やさないようにコントロールすれば安全です。

ただし、マジシャンズレッドが直接出した炎はコントロール可能ですが、それによって引火した本当の火は、コントロール不可能のようです。

火気厳禁の施設内での使用は、止めた方が良いかもしれませんね…。

スポンサーリンク



悪用度

超高温の炎を扱う能力なので、悪用しようと思えば、何でも可能です。

殺人や破壊はもちろん、テロ行為など、何でもできてしまいます。

恐らく飛んでくる弾丸も、溶かすことが可能なので、手が付けられない無敵の犯罪者・テロリストになるはずです。

悪用度は抜群に高いスタンドと言えます。

世界への影響

いかに高温といっても、焼き尽くすことができる範囲は、自分の周囲だけです。

もちろん、原子力発電所とか、石油精製プラントを破壊したら、世界的な被害は甚大です。

しかし、平和的な利用をする場合には、まず問題無いはずです。

スポンサーリンク



使い道と活かし方

マジシャンズレッドは、炎を出すだけかと思いきや、実は色々と有効な能力を持つことが分かりました。

それらを踏まえると、このような使い道が良さそうです!

マジシャンズレッドの活かし方


マジシャンズレッドの場合、すぐに炎で何かすることを考えがちです。

しかし、今回は「生命探知」「C・F・Hで穴を掘る」「炎の縄で縛る」などの能力に注目しました。

これらの能力を駆使すれば、災害救助に非常に役立ちます。

倒壊した建物の下敷きになった人、雪崩に巻き込まれて生き埋めになった人などを、たちまち救助できてしまいそうです。

燃やしたくないものは燃やさないようにできるので、人を燃やしちゃう危険も少ないです。

もちろん、製鉄所で金属を生成したり建設現場で溶接したりするのは、わざわざスタンド能力を使う必要もないでしょう。

ちなみに、日常生活で個人利用する際には、かなり便利なスタンドですね。

ゴミを燃やしたり、料理に使ったりと、とても汎用的です!

ぜひ、欲しい能力と言えます!

総合評価★★★★☆

炎を操るという単純な能力ではあるものの、延焼方向すら自在に操れるという能力のせいで、安全性も優れています。

一方で、超高温の炎を出せるものの、溶かしたり燃やしたりするだけなら、現代の技術力ならいくらでも変わりがあります。わざわざスタンド能力を使わなくても、良さそうです。

せっかくのメインの能力が、実際にはそんなに役に立ちそうにないため、★★★★☆としました。

でも、個人利用なら色々汎用的ですね。

バーベキューの時とかは、みんなから喜ばれそうですね…。

§マジシャンズレッドが登場する巻(文庫本)§