オインゴ、ボインゴ兄弟の兄、オインゴが操る他人に姿を変えることができるスタンドです。

原作では何も良い所が無く、自滅するというある意味ユーモラスなキャラクターでした。

でも、変身能力はかなり高いですし、上手に活用できれば何かの役に立つかもしれませんよね?

オインゴと違い、賢く使えば便利かもしれませんよ!

というわけで、今回はクヌム神のスタンドの活用方法を考えてみます。

スポンサーリンク



クヌム神の能力

クヌム神の能力は、他人に変身することです。スタンドは本体と同化しているようで、原作中にはスタンドの像は出てきていません。

変身の対象は自分自身なので、そういう意味では近距離パワー型のスタンドに分類されます。

本体はオインゴです。ジョジョの奇妙な冒険では数少ない、笑いのあるエピソードのキャラクターです。

しかしながら、性格自体は、弟のボインゴとは違い、攻撃的です。本能的にムカつく相手をいきなり殴る、なんてこともします。しかしながら、頭の回転はあまり良くなく、機転は利かないようです。

マイペースなジョセフとポルナレフの言動に散々翻弄されながら、最期は爆弾オレンジを自分で踏みつけて自爆してしまいました(^^;

特徴

変身能力はかなり高いです。

イエローテンパランスエンプレスも他人に変装する能力がありますが、それに比べても、変身の精度、スピード共に優れています。

ただし、クヌム神だけは、衣服や所持品などは複製することができません。

化けることができるのは、あくまでもその人の体だけです。

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 E 攻撃能力は皆無
スピード E 変身速度は速い
射程距離 E 変身できるのは自分だけ
持続力 A 変身は長時間可能
精密動作 E
成長性 E

ボインゴのトト神と同じように、持続力以外は全てEという分かりやすいスペックです(^^;

戦闘能力を完全に捨て去り、変身だけに特化した能力です。

そういうわけで、本体のオインゴもバレないように必死です。イエローテンパランスのラバーソウルなんかは、隠し通す気なんてさらさら感じられない態度でしたが、オインゴの方はポルナレフのムチャ振りに必死に応えています。

…ていうか堂々と変身を解けばよかったんじゃね?


ジョセフとポルナレフに見つかりそうになったオインゴは、バレないように承太郎に変身しました。その後の車内でも、バレないように必死です。

でも、トト神の予知マンガには「車にオレンジに見せかけた爆弾を仕掛けれれば承太郎が爆発」としか描かれていませんでした。

条件は爆弾を仕掛けるだけだったので、堂々と変身を解いちゃえば、勝てたんじゃないかって思うんですがね…。

特殊能力

クヌム神の特殊能力は、言うまでもなく変身能力です。

その変身精度は高く、オインゴ自身が言うには、身長や体重、体臭までも同じにできます。犬のイギーにも気付かれていません。

また、ジョセフやポルナレフと会話しても、全く気付かれていないことから、声も似せることができるようです。

体の一部を利用すれば、限定的ながら衣服や所持品にも化けることができます。

髪の毛を変化させて、承太郎の帽子を作ったりもしています。

スポンサーリンク



有効度

一瞬で変幻自在に他人に変身できるといっても、日常生活で他人に化けて何か役に立つことって、実はなかなか思いつきません…。

本人じゃないのに、あたかもその人のように振舞うのって、結局は人を騙す行為です。

イエローテンパランスやエンプレスと同様、実は使い勝手が悪い能力です…(^^;

リスク

能力を使うことで直接的なリスクはありません。

ただ、勝手に他人に変身すれば、変身された方は不快ですし、トラブルの原因にもなりかねません。

使い方に気を付けないと、不利益が発生しそうですね。

スポンサーリンク



悪用度

悪用方法で思いつくことと言えば、やはり他人に変身して、人を騙すことです。

詐欺窃盗などの悪事を働けそうです。オレオレ詐欺なんかも、簡単にできるでしょう。

また、最近は銀行のATMやスマホのロック解除などを、指紋や声、顔などで認証する、生体認証が普及してきています。

クヌム神の能力を使えば、そのようなセキュリティを破るのも簡単そうです。

世界への影響

他人に変身するくらいでは、世界には全く影響はありません。

国家元首や大企業の経営者に化ければ、世界に大きな影響を与えられるかもしれませんね。

スポンサーリンク



使い道と活かし方

日常生活では、他人に変身したいなと思うシチュエーションが、あまり思いつきません。

他人に成りすますなんて、基本的には悪事に分類されることだからです。

でも、唯一便利そうな使い道を思い付きました!

クヌム神の活かし方


クヌム神は体格や声、体臭まで全く同じにできます。

この能力を使えば、知識や記憶以外は、全くコピーできるわけです。

もし、知識や記憶が無くても影響がない相手であれば、クヌム神の能力は効果的です。

そこで、考えたのが、ベビーシッターです!親に変身して、世話をすれば、赤ちゃんも安心して、機嫌良く過ごすことができます。

赤ちゃんは言語によるコミュニケーションができないので、本当の親と区別するのは困難なはずです。

とは言え、実の親でも泣いたり騒いだりすることはあるので、言うほど便利な使い道とは思いませんけどね…。

総合評価★★★☆☆

誰でも変身願望はあるものですが、実際に他人に化けたいと思うシチュエーションってそんなに無いと思います。

イケメンや美人に変身して、好きな人と付き合うなんてこともできますが、それじゃあ詐欺みたいなものです。それに、ありのままの自分を愛してもらえないのは、虚しすぎます…。

そんな使い勝手の悪さを考慮して、クヌム神の総合評価は★★★☆☆としました。

結局、人間は変身なんてせずに、ありのままで生きていった方が幸せだと思うんですよね。

§クヌム神が登場する巻(文庫本)§