ジョセフ・ジョースターを、あと一歩まで追い詰めたスタンドです。

ワムウやカーズにも勝利した、ジョセフに対にも健闘したところは凄いですね。

あとは個人的には、チュミミ~ンという口癖に代表される、言葉遣いのセンスも好きです(^^;

しかしながら、人の体に寄生するという特殊な能力です。このようなスタンドに有効な活用方法なんてあるんでしょうか?

というわけで、エンプレスの活用方法を考えてみます。

スポンサーリンク



エンプレスの能力

他人の皮膚に血液を付着させ、その部分に人面疽を作り出します。

最初は虫刺されのようですが、徐々に成長して、やがて人の上半身のような体型になります。

食べ物を食べることで、成長速度は急速に上がります。最初は蠅のような小型の虫を捕食しますが、手が生えた頃からは、何でも食べるようになります。

リンゴやキャベツなどの果物や野菜から、鶏を丸ごと食べるなど、食の栄養バランスも良いです。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 10巻」P.103

そのおかげで、健康で大きくパワフルに育ち、ジョセフを窮地に陥らせました。

特徴

本体はネーナという女性です。見かけは美人ですが、実はエンプレスの人面疽で体を覆って、変装していました。

この事から、人面疽の外見も自由にデザインできるようです。あのモンスターのような外見は、相手を威圧するための姿なのかもしれませんね。

そんなエンプレスの特徴の最たるものは、汚い言葉遣いでしょうか(笑)

「バカ野郎」「トンチキ」「ボケ老人」など、罵り言葉のボキャブラリーは豊かです。

その上、“唾を吐く”“吐しゃ物をかける”など、人を不愉快にさせることに長けたスタンドです。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 10巻」P.85

最もこれは本体の、ネーナの性格の影響が大きいのかもしれませんが…。

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 C
スピード E 寄生した場所からは動けない
射程距離 A かなり離れていても操作可能
持続力 A
精密動作 D
成長性 D 成長速度は速い気がしますけど…

エンプレスは寄生した相手の体と同化します。そのため、姿や声は凡人でも認識可能です。

また、パワーの源泉は、本体の精神力よりも、食べ物で成長を遂げた、自身の体のようです。

そのため、成長と共にパワーアップし、最終的にはハーミットパープルのパワーを凌駕するまでになりました。

なぜかカンフー(?)も使えるようで「あちょ~」という掛け声とともに、突きのラッシュを食らわし、ジョセフの義手を破壊しています。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 10巻」P.111

恐怖の戦闘力を持っていますが、体に寄生しているため、動くことができません。エンプレス自身曰く「親の腕かじり」だそうです。

でも、この状態は常に自分も、攻撃に晒されるということです。移動できないし、腕も短いし、ジョセフ以外が相手だったら、全然勝負にならない気がします…。

特殊能力

特殊能力は、寄生した相手の体と同化することと、食べて成長することです。

この2つの能力のお陰で、本体から遠く離れていても、パワーを維持することができます。

また、人面疽の外見も自由にデザインすることができます。そのため、人面疽で体を覆えば、他人に変装することも可能です。

さらに肉体と同化しているので、しゃべったり、汚物を吐いたりすることも可能です(-_-;)

そして、この人面疽は、同時に複数個、作り出せるようです。

ジョセフに寄生したものの他に、自分の変装に使っていたものもあるので、最低2つは同時運用できるようです。

スポンサーリンク



有効度

原作ではジョセフを殺害する目的で、腕の上で大暴れしました。

でも、平和目的で利用するなら当然、人を傷つける目的では利用できません。

そうなると、自分の体の表面を覆って、変装する能力の方が有効活用できそうです。

原作では十分な腕力がある腕が生えましたが、場合によっては足なども生やすことができるかもしれません。

そうなると、失った体の部分を補うような使い方もできるかもしれません。

リスク

リスクと言うほどのもではありませんが、人面疽を維持するためには、食事をさせる必要がありそうです。

食費がかさむというデメリットが考えられます。

また、能力を発動させるためには、血液を付着させる必要があります。

毎回、出血させるのは大変ですし、そもそも血液を相手に付着させるのは、不衛生ですね(*_*;

スポンサーリンク



悪用度

まず、他人に変装して、悪事を働くことが考えられます。

そうなると、詐欺窃盗などに利用できそうです。

また、原作通りの使い方をして、他人の体に寄生すれば、様々な嫌がらせができます。

寄生した相手が凡人なら、スタンドである人面疽がダメージを受けることはありません。

世界への影響

エンプレスの能力を使うことで、世界への直接的な影響はありません。

しかしながら、エンプレスの口から出る、数多くの暴言は、人々を苛立たせます。子供への教育上の悪影響も懸念されますよね(-_-;)

やっぱり、人の悪意の影響は大きいです(^^;

スポンサーリンク



使い道と活かし方

人の体に人面疽を寄生させて傷つけるなんて行為は、もちろん犯罪行為です。

そもそも、無断で人面疽を寄生させただけで悪事と言えます。原作でネーナがやったような美人やイケメンに変装するのも、詐欺行為ですよね…。

そうなると、自分や他人を、変装させるような使い方が良さそうです。

そこで、こんな活用方法を考えてみました。

エンプレスの活かし方


エンプレスの人面疽は十分成長すれば、顔もあり、腕も生えて、しゃべることもできます。

例えば、腕を失ったり、マヒしている人には、代わりの腕を作ってあげることもできるのではないでしょうか?

そこで、理学療法士のような職業はどうでしょうか?

病気で障害が残った人に、代わりの体を作ったり、機能を補ってあげるわけです。

ただ、人面疽には意思があるので、患者さんのプライバシーが、保たれないという問題があります。

また、射程距離が長いと言っても、限度があるはずなので、そんなに遠くには行けないでしょう。

そのため、場所と期間を限定した「体の機能回復サービス」といった形が良いかもしれませんね。

総合評価★★★☆☆

人の体に寄生して人面疽を作り出すという気持ち悪い能力は、他人からすると迷惑千万な行為です。

でも、人面疽を使って、障害の残った体の機能を回復することは、とっても人のためになると思います。

ただし、一生使えるものでは無いので、時間と場所が限定されるという欠点があります。

パーフェクトなサービスにならないということを考えると、総合評価は★★★☆☆としました。

恒久的に患者さんの障害を回復できるのであれば、もっと高評価だったんですが(^^;

§エンプレスが登場する巻(文庫本)§