ジャッジメントは、アヴドゥルを死なせてしまった罪悪感と、還ってこない妹への悲しさに悩む、ポルナレフの前に登場したスタンドです。

その悩める心につけ込んで、ポルナレフに死を覚悟させるまで、追い込みましたが、戻ってきたアヴドゥルの前にあっさりと敗れ去りました。

心の弱みに付け入る、なかなか嫌らしいスタンドですが、この能力を有効活用するにはどうすれば良いのでしょうか?

というわけで、今回はジャッジメントの活用方法を考えてみます。

今回もなかなか悩ましいです…(-_-;)

スポンサーリンク



ジャッジメントの能力

本体はカメオです。近距離パワー型のスタンドです。実際に、シルバーチャリオッツを凌ぐほどのパワーを持っています。

また、ジャッジメントの能力を最大化するためには、相手に怪しまれないことが重要なようです。そのため、本体の姿を晒さないように、地上に出した筒で呼吸をしながら土の中に埋まって、戦っていました。

しかし、最期はポルナレフとアヴドゥルのブレンド小便を飲まされ、地上に飛び出してきたところを、マジシャンズレッドで丸焼きにされてしまいました…。

原作ではポルナレフがランプを擦ったことがきっかけで、登場しています。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 12巻」P.18

しかし、スタンドの発動の条件が、ランプを擦ることかどうかは不明です。恐らくはパフォーマンスなのでしょう…。

特徴

能力は相手の願いを、土を使って具現化するというものです。

ポルナレフとのバトル時には、土を使ってシェリーとアヴドゥルの土人間を作り、それを操って、攻撃してきました。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 12巻」P.67

しかし、パワーには自信があるらしく、接近戦も積極的に行います。

願いを言わないアヴドゥルに対しては、自信満々で戦いを挑んでいます。

きっと、アヴドゥルのように、なかなか願いを言わない相手と戦いなれてるんでしょう(^^;

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 B シルバーチャリオッツを凌ぐパワー
スピード B 接近戦をこなすスピードがある
射程距離 C
持続力 B ずっと土中にいられる忍耐力が凄い
精密動作 D
成長性 D

ジャッジメント自身は、自分の能力を、人間の願いに隠された心の弱さを突くことと言っています。しかし、これはスタンド能力というよりも、戦いにおけるカメオの戦略のようなものだと思います。

それに、願いには悩みの解決だけでなく、夢の実現のようなポジティブなものもありますよね。

そんなポジティブな願いを言ってきた相手には、通用しない能力のような気がするんですけどね…。

特殊能力

ジャッジメントの特殊能力は、相手の願いを土を使って具現化することです。

能力の発動条件は、相手に願いを言わせることのようです。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 12巻」P.36

また、作り出したシェリーやアヴドゥルは、実際に本人と同じような記憶を持っています。会ったことが無いはずのシェリーの姿や声も反映した土人間を作ってもいます。

恐らく、願いを言った人の心や記憶を、作り出した土人間に、反映させることができるのでしょう。

そして、その土人間を操って攻撃をすることができます。ただし、土人間の体は脆く、引っかいたり殴ったりしても、崩れてしまうようです。

あまり激しいことはできないようですが、敏捷性は高くどう猛です。戦闘力は十分高いと言えます。

しかし、ポルナレフの1つ目の願いで作り出された、金銀財宝はポルナレフに対して、何の害も与えていません。

恐らく、願いが物の場合は、操ることはできないようです。

そうなると、相手が誰でも良いので、人物に関することを願うように、誘導する必要があるのかもしれません。

原作でも、ポルナレフの質問に対しては「そんなつまらん願い事でいいのか?」と取り合っていません。

ジャッジメントの能力を効果的に使うためには、相手への攻撃に適した、願いを言わせることも、重要なようです。

スポンサーリンク



有効度

土が材料なので、作り出したものの強度には難があります。そのため、物品を作ってもあまり役に立たないかもしれません。

しかし、元が土なので、壊れても使い捨てがききます。

やはり、土人間を作り出すのが、一番役に立つように思います。

最大で3人の土人間を作り出して、好きな仕事をすることができます。

ただ、常に他人の願いを基にして、作らなければいけないため、自分のために働く土人間を、作ることができないのが不便なところです。

リスク

ジャッジメントの能力は、相手の願いによって、発動するものです。

しかし、作り出したものは、自分でコントロール可能なようです。

相手がどんな願いを言おうが、自分でコントロールできるため、大きなリスクは無いでしょう。

スポンサーリンク



悪用度

相手の願いには、その人の悩みやプライバシーが含まれています。

そのような弱みを握って脅迫や、相手を支配するなんてことができます。

作り出した土人間を操って、悪事を働くこともできます。他人になりすました土人間で、強盗窃盗テロ行為なんてこともできます。

近距離パワー型のスタンドなので、悪事の現場に自分もいることになりますが、カメオのように土の中に潜っていれば大丈夫でしょう(ウソ)

世界への影響

ジャッジメントを使うことによる、世界への影響は無いでしょう。

ただ、土を原材料にするため、人の土地で能力を使うと、地面が掘り起こされて荒れ地になってしまいますね。

能力を使う場所には、配慮が必要です(^^;

スポンサーリンク



使い道と活かし方

ジャッジメントの能力は、結局のところ、土から人や物を作り出すことです。

しかも、物を作った場合は、特に何もしてくれないようです。お金を作っても、それは通貨の偽造なのでNGですし…。

そこで、土人間を作り出す前提で、このような活用方法を考えてみました。

ジャッジメントの活かし方


ジャッジメントは、土人間を作らないと、活用が難しいでしょう。そして、作り出した土人間の活用方法を考えることが、ポイントになると思います。

土人間は願いを言う人の意思で、色んな人を自由に作ることができます。

そこで、ジャッジメントを使って、便利屋をやるのが良いのではと考えました。

依頼人に希望する職業に人を願ってもらい、土人間を作り出します。あとはその土人間に作業をさせます。

雑草取りや庭木の剪定、引っ越しやスズメバチの巣の駆除など、様々な依頼も、その道のプロを作れば何でも対応できるはずです。

もし、作業中に事故があっても、土人間なので、問題はありません。

ただ、作り出す土人間の質は、依頼人の記憶に影響されるようなので、高度な技術を要求される職人のような人を作るのには、向いてないかもしれません。

作り出した土人間は、クローンとは違うものなので、一流の職人を量産するような夢のようなことはできないでしょう(^^;

総合評価★★★☆☆

こうして、ジャッジメントの能力を分析してみると、要は土を材料にして、操り人形を作るだけのものです。

そして、作り出した土人形を操るのも自分ですし、射程距離も短いので、近くにいないとコントロール不能です。

そう考えると、意外に使い勝手が悪い能力です…。

というわけで、ジャッジメントの総合評価は、★★★☆☆としました。

日常生活では、友達の引っ越しとか、大掃除のお手伝いなんかに使えそうですね。

まぁ、持っていても損は無い程度のスタンドです(^^;

§ジャッジメントが登場する巻(文庫本)§