ホワイトスネイクはストーンオーシャンのラスボス、エンリコ・プッチが操るスタンドです。

このブログのタイトル、『お願い!プッチ神父』の由来になっているスタンドの考察記事に遂に到達しました。

しかし、改めて深く考えると、色んな事が分かりました。

人のスタンド能力や記憶を奪うことができるという、夢の能力ですが、どうすれば平和利用できるのでしょうか?

今回はホワイトスネイクの能力の考察と、活用方法を考えてみます。

スポンサーリンク



ホワイトスネイクの能力

ホワイトスネイクは他人のスタンド能力と記憶を、CDにして抜き取るというものです。

スタンドと記憶を抜き取られた人間は廃人となり、生命維持装置などで延命しなければ、やがて死んでしまいます。

また、ホワイトスネイクには、CDにするための前段階の能力として、対象者を眠らせて心をドロドロに溶かすというものがあります。

心をドロドロに溶かす

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン 41巻」P.66

眠らせた相手には、自分が意図した夢を見させて、それを現実と錯覚させることができます。心を溶かされることで、対象者の体内でCDが出来上がり、抜き取ることができるようになります。

CD化することができれば、ちょっとした衝撃でもCDが出てきてしまうため、他人でも抜き取ることができます。

特徴

公式発表のスペックは”?”が多いものの、射程距離はとても長く、タイプとしては遠距離操作型に分類できます。

また、後々にメイド・イン・ヘブンにまで変貌を遂げるため、成長性もかなり高そうです。

プッチ自身もスタンドと数メートル程度の距離であれば、スピードとパワーも増すと言っています。実際に手刀で人体を貫いたり、切り裂いたりできるため、破壊力もかなり高いと思われます。

総じて高スペックなスタンドです。

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 ? 手刀で人体を切り裂いたりしているので、かなりの破壊力
スピード D
射程距離 ? 明らかに遠距離操作型なので少なくともB以上か?
持続力 A
精密動作 ?
成長性 ?

ちなみに物語が進むと、心を溶かさずとも瞬時に相手のスタンドと記憶をCD化しています。

溶かさなくても取り出せる

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン 46巻」P.143

もしかすると、グリーンドルフィンストリート刑務所の囚人たちは、知らぬ間に夢を見させられて、一度心を溶かされているのかもしれません…。

特殊能力

ホワイトスネイクの特殊能力は、相手のスタンドと記憶をCD化して抜き取るというものです。

スタンドと記憶は、それぞれ1枚のCDになっています。

能力の特徴は以下の通りです。

  • 記憶のCDを、自分の頭に挿入するとその人物の記憶を見ることができる
  • スタンドのCDを、自分の頭に挿入するとそのスタンド能力を使えるようになる(ただし適性が無いスタンドCDは挿入できない)
  • スタンドのCDは凡人でも、スタンド使いでも挿入可能。スタンド使いが挿入された場合は、元々の能力と2つ兼ね備えることができる模様
  • CDを挿入した人間が死ぬと、その人間と共にCDも消滅する
  • CDはホワイトスネイクのスタンドから離れていても消滅しない
  • CDは心そのものなので、抜き取られた相手は、やがて死んでしまう

スタンドのCDは、誰にでも挿入できるものではなく、対象者の性格や志向と、スタンドの性質がある程度近い必要があります。

また、挿入したCDは、再度抜き取ることが可能です。その際には、心を溶かす必要はありません。

ディスクは誰でも取り出せる

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン 41巻」P.174

さらに挿入できるCDは、記憶やスタンドのディスクだけでなく、命令を書き込んだディスクも可能です。

その命令の内容は、本人の能力を超えたものでも可能で、原作中でもカエルに「10m進んだら爆発しろ」という、残酷な命令を実行させました。

そして、忘れてはならないのが、相手を眠らせて、現実と錯覚させるほどの夢を見させることができることです。

実はこちらの方が、便利かもしれません…。

スポンサーリンク



有効度

スタンドと記憶をCD化して抜き取ると、相手の命を奪うことになってしまいます。

特にスタンドのCDは、ある程度、長時間使いたい場面もあると予想されます。

そうなると事実上、スタンドのCDを借りて使うのは難しいです。

しかし、記憶のCDであれば、一時的に借りるだけ済むはずです。

本人が忘れているような深層心理にある記憶を読むことで、カウンセリングなどに活用できるかもしれません。

リスク

CDを抜き取った相手は、死んでしまう可能性があります。

抜き取ったCDを紛失したりしたら、大惨事となってしまいます。

CDを抜き取る行為は、リスクの塊なので、細心の注意を払う必要があります。

スポンサーリンク



悪用度

悪用目的であれば、非常に役立つスタンドです。

記憶を読み取ることは、銀行口座の情報や、ビジネスの機密情報など、あらゆる有益な情報を盗むことに繋がります。

経済犯罪などあらゆる犯罪に役立ちます。

また、スタンドCDであれば、その能力によっては、さらなる悪事に利用可能です。

まさに悪の帝王にふさわしい、スタンド能力と言えます。

世界への影響

単にCDを抜き取るだけであれば、ただちに世界に影響がでることはありません。

また、対象は1人だけなので、たとえ死なせてしまったとしても、さほどの影響はありません。

能力は凶悪ですが、世界への影響はほとんど無いスタンドです。

スポンサーリンク



使い道と活かし方

ホワイトスネイクはCDを抜き取った相手を死なせてしまう可能性があるスタンドです。そのため平和利用を考えた時に、この能力は封印せざるを得ません。

そこで、こんな活用方法を考えてみました。

ホワイトスネイクの活かし方


CD化した心を抜き取るのはあまりにリスキーです。そこで、抜き取る一歩手前の夢を見させる能力を活用すると良さそうです。

『トータルリコール』の映画のように、現実と錯覚するような夢を見させる商売をするのです。

見る夢は恋愛、冒険、権力者になるなど、その人の好きな夢を見させてあげます。

平和的でとっても喜ばれる使い方です。

総合評価★★★★☆

ホワイトスネイクは、相手のスタンドと記憶をCD化して、人に挿入できるという、このブログのコンセプトにもなった夢の能力です。

しかしながら、相手を死なせるリスクがある危険なスタンドです。うっかり死にかけた虫や動物にCDを挿入してしまったら、CDは消滅してしまいます。

そんなデリケートな能力であることを踏まえ、総合評価はちょっとだけ減点して、★★★★☆としました。

スタンドや記憶のCDはあまり乱用せず、“ちょっとだけ拝借”といった使い方をするのが良さそうです。

§ホワイトスネイクが登場する巻(文庫本)§