吉良吉影の父親、吉良吉廣が操るスタンドです。

ポラロイドカメラを使って、撮影した相手を、写真の世界に閉じ込める能力で、承太郎と仗助を苦しめました。

能力的に逮捕監禁・拷問以外に使い道が無さそうな能力です。果たして平和的な活用方法はあるのでしょうか?

というわけで、今回はアトム・ハート・ファーザーの活用方法を考えてみます。

スポンサーリンク



アトム・ハート・ファーザーの能力

アトム・ハート・ファーザーはポラロイドカメラで撮影した空間を、写真の世界に取り込む能力です。

その空間に人間などの生物がいれば、それごと取り込んでしまいます。そして、その空間に閉じ込められた人間は、外に出ることができません。そして、外の人間がその空間に入ろうとしても、反対側から出てしまいます。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 24巻」P.293

そして、何よりも驚異的なのが、写真に対して行った行為は、実際の空間でも必ず実現してしまうことです。

写真の中の吉良吉廣だけは、写真の中の物を動かすことができるため、電話の受話器を投げつければ、実際の空間でも受話器が飛んできて、ターゲットに命中します。防御しても、すり抜けて必ず命中してしまいます。

写真の中で、ナイフで刺されれば、傷を負います。写真を破っても、体が切断されてしまいます。

ただし、致命的な弱点は、写真の中の自分が映っている場所を攻撃されると、自分自身もダメージを受けてしまうことです。

最期は仗助に誤誘導された空気爆弾によって、写真ごと爆殺されてしまいました。

この弱点を補うためには、誰かとコンビを組んで、撮影した写真は仲間に確保してもらうと良いでしょう。写真を撮って、敵を閉じ込めた後に、その写真の安全を確保できさえすれば、無敵の能力です。

特徴

スタンドの像は不明です。射程距離が”なし”になっているので、スタンドの像は無いようです。そのため、近距離パワー型のスタンドです。

ポラロイドカメラもスタンドではなく、能力を発動させるために必要な道具に過ぎません。承太郎にポラロイドカメラを破壊されても、全く無傷でした。

スタンドの像が存在しないので、破壊力やスピードも最低レベルです。

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 E
スピード E
射程距離 なし
持続力 A
精密動作 E
成長性 E

能力は恒久的に持続するようです。

また、吉廣自身は写真から自由に出入りできるようです。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 25巻」P.7

ただし、承太郎に接写されて、狭い空間に閉じ込められてしまったにもかかわらず、そこから出ることはありませんでした。

新しくポラロイドカメラを入手して、深夜に一人ずつ奇襲攻撃すれば、いいんじゃないのと思うんですけどね…。

特殊能力

特殊能力は、ポラロイドカメラで撮影した空間を、写真の世界に取り込むことです。

この特殊能力には、次のような特徴があります。

  • フィルム式のカメラやデジカメではダメ
  • 写真の枠が見えない壁になる
  • 写真の空間の中の者は枠から外に出られない
  • 写真の空間の外の者が入ろうとしても枠の反対側にすり抜ける
  • 写真の中で起きたことと同じことが実際の空間で再現する

 
弱点としては、この特徴は自分自身にも適用されることです。そして、この写真の空間の中には、自分自身も存在する必要があるようです。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 24巻」P.265

そのため、写真の自分が映っている位置を攻撃されると、自分もダメージを受けてしまいます。

写真の状態は移動が困難なため、敵に写真を確保されると、窮地に陥ります。

仗助たちと初めて遭遇した時も、常に写真は仗助や承太郎が所持していました。結果的に自分が映っている部分だけ、接写されて逃れられてしまいました。

スポンサーリンク



有効度

この能力は写真の空間の中と外を、完全に切り離すことが可能です。

災害現場にいる人を撮影すれば、一時的に安全を確保することができるかもしれません。

要人警護なんかにも使えるかもしれませんね。

リスク

この能力は、相手の許可なくこの能力を使ってしまうと、場合によっては逮捕監禁罪に問われる可能性があります。

また、写真の中には、常に自分自身がいる必要があります。

仲間がいない時にむやみに写真撮影してしまうと、写真の安全を確保できません。

写真を燃やされたり、破られたりすると、命を落とす危険もあります。

スポンサーリンク



悪用度

能力自体が逮捕監禁・拷問に向いているため、悪事にも使いやすいと思いきや、そうとも言えません。

写真を撮っても、その空間は現実世界に存在し続けます。そのため、逮捕監禁目的で使っても、とてもバレやすいです。

実際には、殺人くらいにしか使えないため、悪事にも向かない能力と言えます。

世界への影響

アトム・ハート・ファーザーの能力は、写真撮影した空間を写真の世界に取り込むというものです。

例えば、飛行機のような高い場所から撮影すれば、広範囲を閉じ込めることができるかもしれません。宇宙ステーションから撮影すれば、国一つくらいは閉じ込められるかもしれません。

もし、そうなれば、世界に大きな影響を与えることができます。

実際には、カメラの精度やスタンドパワーなどの制限があるのかもしれませんが、使い方次第では世界を支配できる能力です。

スポンサーリンク



使い道と活かし方

アトム・ハート・ファーザーの能力自体は、逮捕監禁にしか使えない能力です。

でも、逮捕監禁をする必要がある職業で考えると、便利な能力といえます。

そこで、こんな使い方を考えてみました。

アトム・ハート・ファーザーの活かし方


アトム・ハート・ファーザーは撮影した空間をそこに映っている人間ごと、閉じ込めることができる能力です。

望遠レンズなどを使って、離れた場所から撮影すれば、犯罪者やテロリストなどを、安全に確保することができます。

そこで、警察や特殊部隊の隊員などになって、この能力を使うと良さそうです。

撮影した写真は、仲間に確保してもらえば安全です。

ただし、この方法で撮影しても、完全に逮捕したとは言えないのが欠点です。最終的には能力を解除して、直接逮捕する必要があるのが、面倒な所です。

総合評価★★★☆☆

このブログの趣旨が、スタンド能力の平和利用である以上、アトム・ハート・ファーザーのような能力は、決して使い勝手が良いとは言えません。

日常生活でも、便利と感じられる使い方は思い付きません。

相手を拘束するという使い方自体が、異常事態にしか役に立たない能力です。

そのため、総合評価は★★★☆☆にしました。

やはり、社会も自分も幸せになる能力が一番じゃないかなと思います…。

§アトム・ハート・ファーザーが登場する巻(文庫本)§