原作者の荒木飛呂彦先生が、好きなスタンドとして有名なのが、このハーヴェストです。

仗助のクレイジーダイヤモンドと億泰のザ・ハンドが二人がかりでも、苦戦した強力なスタンドです。

本体のしげちーは、お世辞にも使いこなせてるとは言えませんが、ちゃんと頭を使えば、凄く便利なスタンドではないかと思います。

果たして、どんな使い道があるんでしょうか?

今回は、ハーヴェストの活用方法を考えてみます。

スポンサーリンク



ハーヴェストの能力

ハーヴェストは矢安宮重清、通称“しげちー”が操るスタンドです。

本人によると、500体くらいからなる群体型スタンドです。一体一体は小さくパワーはありませんが、手刀で皮膚をえぐるくらいは可能です。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 23巻」P.83

そのため、複数の個体に襲い掛かられると、あっという間に致命的なダメージを負うことになります。まさに数の暴力です…。

また、額部分からは針を出すことができます。これを皮膚や血管に刺すことで、酒などを注入することができます。

毒物を注入すれば、あっという間に相手の命を奪うことができます。

サイズが小さいスタンドなので、単体だと存在に気付きにくく、いつの間にか体にまとわりつかれてしまいます。気付くと既に大きなダメージを受けていることがほとんどです。

特徴

当初、しげちーは杜王町中に落ちている小銭を集めていたことから、スタンドの射程距離は数kmにも及ぶと思われます。

そのため、遠距離操作型に分類されるスタンドです。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 22巻」P.277

パワーやスピードは、スタンドのサイズに見合った程度のものなので、大したことはありません。

しかし、そんな非力なスタンドでも、500体にもなると、非常に強力な戦闘力を発揮します。

さらに、数体程度を倒しても、本体にはダメージと言えるほどの影響を与えることができません。

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 E 単体では非力
スピード B
射程距離 A 杜王町中をカバーできる
持続力 A
精密動作 E
成長性 C

それぞれの個体は意思や判断力を持ち合わせているようです。また、仗助と億泰の密談も盗み聞きするなど、会話や情報なども収集することができます。

単体では、たちまち倒されてしまうスタンドですが、とにかく数が多いため、攻撃されたらひとたまりもありません。

特別な能力は無いものの、ジョジョの奇妙な冒険の中でも、屈指の戦闘力を誇るスタンドです。

特殊能力

ハーヴェストには、特殊能力はありません。

額の針から注入する物は、スタンド能力によるものではなく、実際に調達した物である必要があります。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 23巻」P.58

しかし、しげちーのセリフから、推定500体ものスタンドを同時に操ることができるようです。

しかも、数kmもの射程距離です。同じ群体型スタンドのバッドカンパニーと違い、個体数も射程距離も圧倒的に勝るため、こちらの方が汎用的です。

これだけで、特殊能力が無いことを補って余りあります。

スポンサーリンク



有効度

とにかく汎用的な能力なので、アイデア次第で色んな使い道がありそうです。

しげちーがやっていた通り、遺失物の拾得にはもちろん使えます。

自生している天然のキノコやフルーツなども採集できます。

災害救助とか、病人や怪我人の運搬人間が入れない場所での作業などにも使えます。

農作業なんかも一気にできそうです。種まきや田植え、果樹の剪定なども一気にできます。食品工場の生産ラインなんかの作業も、いくらでもできそうです。

考えれば考えるほど、便利な使い道が思い浮かぶスタンドです。

リスク

ハーヴェストを使う上での、リスクは特にありません。

特殊能力が無いので、下手に他人を傷つけることもありません。

ちゃんと本体の意思でコントロールできるため、悪意を持って使わなければ、基本的にリスクと言えるようなものは無いでしょう。

スポンサーリンク



悪用度

便利で強力なので、悪事にも色んな使い道が思い浮かびます。

金品や情報の窃盗はすぐに思い付きます。

ボルトなども外すことができるため、破壊行為や工作活動などのテロ行為もできそうです。

その気になれば、街一つをメチャクチャに破壊できそうな能力です。

世界への影響

ハーヴェストの能力が、直接的に世界に及ぼす影響はありません。

余計な特殊能力が無いので、気軽に使っても、世の中に悪影響が無いのが、良い点です。

スポンサーリンク



使い道と活かし方

ハーヴェストは、汎用的過ぎて、逆に使い道を考えるのが難しい能力です。

というわけで、私ならこんな使い方をするという前提で考えてみました。

ハーヴェストの活かし方


ハーヴェストはそれぞれの個体を、自由に操ることができるため、日常のあらゆることができます。

ただし、高度な判断力が必要な作業や、精密な作業には向きません。

そこで、圧倒的な個体数を活かした単純作業として、農場経営に使うと良さそうだと考えました。

畑や田んぼでの種まき、苗の植え付け、施肥や雑草取り、果樹園での剪定など、あらゆる作業ができます。

収穫なども、ある程度の複数個体でやれば、大きな実も運べるでしょう。

もちろん家事だって、やらせることができます。

食料を自給しつつ、自分は頭脳労働に集中すれば、日常生活に困ることは無さそうです!

総合評価★★★★☆

ハーヴェストはとても汎用的です。

このスタンドが使えたら、幸せな人生を確実に過ごすことができそうです。

ただし、人類全体に貢献できるほどの能力でもありません。

それを踏まえて、総合評価は★★★★☆としました。

とは言え、汎用的でリスクも低い能力なので、とってもおすすめのスタンドです!

§ハーヴェストが登場する巻(文庫本)§