オー!ロンサム・ミーは保安官のマウンテン・ティムが操るスタンドです。

イケメンで人々から尊敬を集めていますが、原作ではイマイチ活躍できなかった印象です。

そんなオー!ロンサム・ミーは、体をバラバラにしてロープ伝いに移動できるという、トリッキーな能力です。

果たして、このスタンドにはどんな活用方法があるのでしょうか?

今回はこのオー!ロンサム・ミーの能力の考察と、平和的な利用方法を考えてみます。

スポンサーリンク



オー!ロンサム・ミーの能力

オー!ロンサム・ミーは、体をバラバラにして、そのバラバラにした体のパーツを、縄伝いに移動させる能力です。自分の体はもちろん、縄に触れた人間の体もバラバラにして、移動させることができます。

バラバラのマウンテン・ティム

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン 3巻」

バラバラにした体も、自分の意思で動かすことができるため、拳銃を持った状態の手を縄の先に移動させて、銃撃するなんてこともできます。

マウンテン・ティムは投げ縄の名手なので、相手に縄をかけ、その縄伝いに素早く移動して、攻撃したり拘束したりするのに使います。投げ縄のテクニックとセットになって初めて活きるスタンド能力です。

そのため、凡人には使いこなすのが難しいスタンドかもしれません。

特徴

物語中ではスタンドの像らしきものは、現れていません。あるいはひょっとすると縄自体がスタンドなのかもしれません。

いずれにしても、射程距離は短いため、近距離パワー型に分類されます。

スペック上の射程距離はCですが、これは縄が届く距離を、能力の影響範囲にしているためと思われます。

ロープの長さだけ移動できる

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン 3巻」

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 E
スピード C
射程距離 C 縄が届く範囲内は移動可能
持続力 B
精密動作 C
成長性 E

攻撃手段としては、まず投げ縄を相手に巻き付けます。そして、縄伝いに拳銃や手錠を持った手を移動させ、手錠をかけて拘束したり、敵の至近距離で銃撃したりします。

スタンドでの直接攻撃はできないようです。

縄がヒットしないと攻撃できないため、戦闘力が高いとは言えません。

原作中でもあまり活躍したとは、言い難いスタンドです。

特殊能力

特殊能力は縄に触れた人間の体をバラバラにして、縄伝いに移動させることです。

この能力の特徴は以下の通りです。

  • 自分も他人もバラバラにできる
  • バラバラになった体も自由に動かせる
  • 縄が届く範囲であれば移動可能

よく考えると、縄に触れた相手の体もバラバラにできるため、縄をヒットさせたら、そのまま相手の体をバラバラにしてしまえば勝てそうな気がします。

バラバラにしたら、頭部などに致命傷を与えれば済むと思うんですが、そんな使い方はしていません。

マウンテン・ティムは保安官なので、スタンドを人殺しには使わないのかもしれませんね。

スポンサーリンク



有効度

原作中でルーシー・スティールを助けた時のように、閉じ込められた人を救助するのに有効かもしれません。

ルーシーを助けるマウンテン・ティム

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン 6巻」

また、高い所や谷の向こう側に、ロープをかけてそこに移動するというのも便利そうです。

でも、そんなことするシチュエーションが思いつきません。

ちょっと便利な使い方が、思いつかないスタンドです。

リスク

オー!ロンサム・ミーには、人を傷つける能力はありません。

誰かがうっかり縄に触れてしまっても、体がバラバラになるだけで、怪我をする心配は無いです。

そのため、スタンドを使うことによるリスクは、ほとんどありません。

スポンサーリンク



悪用度

縄が伝わっている所には、侵入可能です。

そのため、建造物に侵入して窃盗を働くことなどはできます。

ただし、侵入したい場所に、まず縄を入れておく必要があります。

そもそもこれが難しいため、窃盗にも使いづらい能力です。

世界への影響

縄に触れた人間を1人や2人、バラバラにしたところで、大したことはありません。

そのため、世界には何の影響もありません。

スポンサーリンク



使い道と活かし方

オー!ロンサム・ミーは、縄に触れた人間をバラバラにするだけの能力です。

戦闘では役に立ちづらい能力ですが、平和的な利用方法としてこんな使い方を考えてみました。

オー!ロンサム・ミーの活かし方


オー!ロンサム・ミーは、災害時の救助活動に使えそうです。

原作で絶体絶命のルーシー・スティールを救ったように、監禁された人や、事故で狭い場所に閉じ込められた人を救助することに使えそうです。

ただし、火災現場などでは、縄が燃えてしまうため、使える場所は限定されてしまいそうです。

総合評価★★★☆☆

イケメンで馬さえも敬意をはらう、マウンテン・ティムですが、スタンド能力は微妙です。

日常生活でも役に立ちそうなシチュエーションが思いつきません。

そんな微妙な能力のため、総合評価は★★★☆☆としました。

移動が便利になると言っても、投げ縄が届く範囲だけのことですし、日常生活では、本当に役に立たないスタンドですね…。

§オー!ロンサム・ミーが登場する巻(文庫本)§