マリリン・マンソンは、人の物を奪わずにいられない性のミラションが操るスタンドです。

上手に賭けに持ち込めば、相手の所有物を何でも奪い取れる強力な能力です。

良心の呵責に囚われなければ、かなり有益なスタンドですが、果たして平和的な活用方法はあるのでしょうか?

というわけで、今回はマリリン・マンソンの能力の考察と、使い道を考えてみます。

スポンサーリンク



マリリン・マンソンの能力

マリリン・マンソンの能力は、賭けに勝った時に、相手の掛け金をキッチリと取り立てるというものです。

もし、お金が足りなければ、同等の価値がある物を強制的に奪い取ります。隠そうとしても、心の中に浮かんだ物は必ず知られてしまい、奪い取られてしまいます。

思い浮かべた物は奪い取る

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン 42巻」P.172

また、賭けるものは必ずしもお金である必要は無く、物品でもOKです。

そして、何よりも強力な能力は、相手のイカサマを完全に封じることができることです。

もし、相手がイカサマをすれば、”イカサマ抜きでは負けていたことを認める”ということになり、この時点でこちらの価値が確定します。

一方で自分はどんなイカサマをしても大丈夫ですし、なんなら賭けに負けても負けを認めずに逃げてしまえば、問題ありません。

ダービー兄弟の兄、オシリス神と比べて圧倒的に有利ですし、弟のアトゥム神が相手であっても、心の中で負けを認めさせれば良いので、かなり有利な勝負ができそうです。

特徴

マリリン・マンソンは負けを認めた相手のそばに現れ、取り立てを遂行します。その際、本体から離れていても行動可能です。

負けを認めると現れる

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン 42巻」P.161

そのため、遠距離操作型に分類されます。

スピードや精密動作性がAですが、これは速やかで正確な取り立てを行うことが、評価されてるようです。

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 E
スピード A
射程距離 A
持続力 A
精密動作 A
成長性 C

総じて高スペックですが、直接的な戦闘能力はありません。

しかし、何と言ってもマリリン・マンソンには攻撃不可能というのが、とても強力な特徴です。

攻撃は通じない

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン 42巻」P.170

マリリン・マンソンは、賭けに負けた相手の心の影なので、人間はもちろん、スタンドであっても攻撃不能です。

まさに不死身のスタンドです。

特殊能力

マリリン・マンソンの特殊能力を整理すると以下のようになります。

  • 相手が負けを認めると発動する
  • 相手の心に浮かんだ価値のある物を見抜く
  • 相手の所持している価値ある物を奪い取る
  • スタンドによる打撃攻撃が通じない

金品を奪い取る能力は抵抗不可能です。遠く距離が離れていても、瞬時にテレポートさせるように奪い取ることができます。

相手に負けを認めさせてしまえば、一方的に攻撃できる無敵の能力です。

スポンサーリンク



有効度

ギャンブルを“条件付きの契約”ととらえると、ビジネスをする時の保険のような使い方ができるかもしれません。

約束を破った時の損賠賠償として、金品を徴収することができます。

ただし、強制的に奪い取ることになるため、トラブルになる可能性が高いのが難点です。

リスク

非常に強力な能力ですが、賭博自体が違法行為という致命的な欠点があります。

能力発動の条件が、賭けで負けたと相手に認めさせることなので、能力を使用するためには、犯罪行為にならない賭けでないといけません。

しかしながら、犯罪にならない範囲の賭けでは、そもそもメリットが少なくなってしまいます。

強制的に奪い取るという性質の能力なので、相手に恨みが残りやすいのも難点です。

相手に賭博行為を告発されてしまうとおしまいなので、どうにも使いづらい能力です。

スポンサーリンク



悪用度

賭けに持ち込むことができれば、相手が大切にしている物を、簡単に奪い取ることができます。

金品はもちろん、価値があるものなら情報も奪い取ることもできます。

こちらがイカサマすることは可能ですし、バレたら逃げてしまえば、問題ありません。

そう考えると、相手の所有物を一方的に奪い取ることができます。

窃盗や脅迫などの犯罪に、効果的なスタンド能力です。

世界への影響

能力の対象は、常に個人です。

金品や重要機密を奪い取っても、破滅するのは常に一人ずつなので、影響は小さいです。

そのため、世界全体への直接的な影響はありません。

スポンサーリンク



使い道と活かし方

賭博行為は基本的に犯罪行為なので、やはり借金取り立てのような仕事に向いているかもしれません。

というわけで、こんか使い道を考えてみました。

マリリン・マンソンの活かし方


マリリン・マンソンは、債務不履行者への強制執行に使えそうです。

返済に充てる資産が無いと主張する人から、価値がある物を強制的に奪い取って、返済に充てさせるのです。

ただし、この強制執行を有効にするためには、最初の契約時に、ちゃんとマリリン・マンソンの能力を使って契約に同意させる必要があります。

誰にでも使えないのが難点です。

総合評価★★☆☆☆

マリリン・マンソンの脳売力は、強制的なものですし、結局はギャンブル行為の延長です。

能力を使う際に、相手の同意が伴わないという性質上、トラブルに発展する可能性がとても高いものです。

そんな決定的な欠点があるため、総合評価は★★☆☆☆としました。

やっぱり、ギャンブルは人生を狂わす、怖いものだと思うんですよね…。

§マリリン・マンソンが登場する巻(文庫本)§