ジョースター一行がチャーターした船の船長になりすまし、襲ってきたスタンドです。

水中戦に特化した能力を持っています。

本体のキャプテン・テニールは5人まとめて相手にしても、勝てる自信満々でしたが、承太郎の流星指刺(スターフィンガー)を喰らって敗れ去りました。どうも接近戦には、弱いようです…。

しかし、平和利用が目的なら、接近戦に強いかどうかなんて関係ありませんよね。

果たして、どのような活用方法があるのでしょうか?

というわけで、今回はダークブルームーンの活用方法を考えます。

スポンサーリンク



ダークブルームーンの能力

スタンドの外見は、ヒレがたくさん付いた姿をしています。

顔はのぺ~っとした円盤状で、体は半魚人みたいです。

能力は相手を水中に引き込んで、倒すために最適なものが揃っています。やはり、人を傷つけるための能力ばかりですね(-_-;)

特徴

地上ではあっさりスタープラチナのパンチを喰らうなど、高い能力は無いようです。

しかし、水中では高い能力を発揮します。足の水かきを高速回転して、渦を発生させることができます。手の水かきは鋭いカッターになっていて、船のスクリューを破壊することも簡単です。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 9巻」P.14

当然、泳ぎの能力も卓越しているので、水中では自由に機敏に動き回ることができます。

ただし、射程距離が短いため、本体も生身のままで、海に入る必要があります。

生身の人間なので、どんなに訓練しても、潜水深度はせいぜい100mが限界でしょう。そのため、泳げるのは海の浅い部分だけです。

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 C パワーよりも水かきやウロコの鋭さが脅威
スピード C
射程距離 C 渦を起こせば結構、遠くまで攻撃できそう
持続力 B 息は6分程度しか持たない
精密動作 C
成長性 D

水中戦に特化した能力ではあるものの、エラ呼吸のような能力はありません。本体のキャプテン・テニールの潜水の最高記録は、6分12秒だそうです。

確かに非凡な潜水能力ですが、海中で何か作業をしようと考えると、6分程度ではできることが限られます。

正直ウロコとかフジツボなんかよりも、水中呼吸できた方が、平和利用にはよほど役立つんですよね…。

特殊能力

特殊能力は2つあります。

1つ目はフジツボです。

ダークブルームーンは、触れた相手の力を奪い取るフジツボを、付着させることができます。力を吸い取る能力は、かなり高く、承太郎は全身の力が抜けて、海の中に転落してしまいました。

2つ目はウロコです。

体から鋭い切れ味のウロコを出すことができます。足の水かきで起こした渦と組み合わせると、鋭いウロコが流れる地獄の渦巻きになります。

出すことができるウロコも相当数のようです。花京院のハイエロファントグリーンが手を突っ込んだ途端に傷だらけになってしまいました。花京院いわく、水の蟻地獄だそうです。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 9巻」P.17

それほどすぐに傷を与えるためには、渦の中がウロコだらけじゃないと無理でしょう。

そんな強力なウロコ攻撃ですが、無差別に傷つけるというのは、平和利用を考えた時に、なんとも厄介です。

世の中のために役立てようと考えた時には、制御不能というのは、大きなマイナスなんですよね…。

スポンサーリンク



有効度

地上ではあまり役に立ちそうにありませんが、水中であれば、その運動能力が発揮されます。

高い泳力は、海の中で行動するためには、とても便利ですね。水中で呼吸ができないことに関しては、スキューバダイビングの器具を装着することで補えそうです。

フジツボやウロコは、相手の力を奪ったり傷付ける能力なので、イマイチ使い勝手が悪そうですね…。

リスク

人が泳いでる場所で、渦巻きを起こすのは、他人を溺れさせる危険があります。

小さい船だったら、転覆させてしまうかもしれません。

ウロコもどうやら狙って飛ばすなどはできないようなので、むやみに使うと、魚や人を傷付けそうです。

スポンサーリンク



悪用度

船を航行不能にする、海賊行為などには使えそうです。

また、人にフジツボをくっ付けて海に引きずり込み金品を奪い取るような強盗行為もできそうです。

しかし、証拠や目撃者が残りやすそうなので、悪事にはイマイチ使い辛いかもしれません。

世界への影響

海上交通の要衝で渦巻きを起こしたら、世界経済に悪影響を与えそうです。

とはいえ、これは悪意を持って使った場合です。

ただ能力を使うだけでは、世界への影響は考えられません。

スポンサーリンク



使い道と活かし方

地上で役立つ能力は持っていないため、やはり、水中での活用方法を考えるべきでしょう。

しかし、相手を傷つける能力が中心なので、使い方には工夫が必要です。

ダークブルームーンの活かし方


ウロコは無差別に他者を傷付けるため、使い道が難しいです。

やはり、卓越した泳力を中心とした使い方が、ポイントになります。

それを踏まえると結局、漁師のような魚を捕獲する職業が、一番良さそうです。

海女のように素潜りで目的の魚を追いかけ、フジツボを付着させます。あとは力が抜けた所を捕獲するだけです。こうすれば、魚を傷付けなくて済むので、商品価値も高くなります。

大漁を目指すなら、定置網に魚の群れを追い込むなんてのも良いかもしれません。

また、イルカやシャチ、クジラのような大型の水棲哺乳類を捕獲するのにも、フジツボが役立ちますね。

青森県の大間でマグロ漁をやったら、かなり稼げそうですね。ただし、真冬の海を潜る必要があるので、低温対策も必要になりますが…

総合評価★★★☆☆

水中では高い戦闘力を誇るダークブルームーンですが、世のため人のための活用方法となると、大したことが思いつきませんでした。

水中での機動力を活かして、高付加価値の魚介類を捕獲するのが、一番良い利用方法かもしれません。

これなら、とりあえず生活には困らないかもしれませんが、世の中のためになるかというと、ちょっと微妙です。

そもそもマグロは、個体数も減ってきています。乱獲するとかえって、世のためにならないかもしれないですよね。

そういったことを踏まえて、総合評価は★★★☆☆としました。

本体が水中で呼吸できたり、潜水能力が上がったりするのであれば、深海調査という夢のある仕事ができたのに残念です。

深海には未知の生物や資源があるので、人類に大きく貢献でしたんですけどねぇ…。

§ダークブルームーンが登場する巻(文庫本)§