アクア・ネックレスは、第四部、”ダイヤモンドは砕けない”の最初の敵スタンドです。

仗助とのいざこざをきっかけに、東方家の全員抹殺を企てた片桐安十郎(アンジェロ)のスタンドです。

水と同化するスタンドということで、スターダストクルセイダースに登場したゲブ神とよく比較されるスタンドです。

どちらも、殺人にばかり使われていますが、平和的な活用方法には、どんなものがあるんでしょうか?

今回はアクア・ネックレスの活用方法を考えてみます。

スポンサーリンク



アクア・ネックレスの能力

アクア・ネックレスは、水と同化するスタンドです。この同化能力はかなり汎用的で、水がごく小さな水滴の状態でも、それらを寄せ集めて同化できます。

そのため、湯気のような霧状の状態にもなれます。こうなると、殴ったり捕まえたりするのが困難です。

外見は液状で流動的ですが、人間型にもなることができます。その時の姿は全身にたくさんの目が付いたような姿です。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 18巻」P.78

また、ブランデーのラベルに擬態していることから、形状や色もかなり細かく再現できるようです。

また、相手の体内に入れば、人格を支配することも可能なようです。

このあたりはゲブ神とは違い、かなり芸達者なスタンドですね。

しかしながら、パワーはとても乏しいです。

仗助には、瓶やビニール手袋に閉じ込められてしまいましたが、突き破って脱出する程度のパワーも存在しません。

それにもかかわらず、子供を捕まえて“脳ミソほじくるぐらいの力はあるぜッ!”なんて言っています。脳みそなんて、分厚い皮膚や固い頭蓋骨で守られているのに、本当にそんなことできたのか疑わしいです(-_-;)

そもそも、スタンドなんだから瓶もビニールも、通り抜けられそうですが、水と同化している状態では不可能なようです。

この辺りは、ヘリコプターをも撃墜するゲブ神とは、比べ物にならないくらい非力ですね(^^;

特徴

パワーは低く、スピードも並みですが、水のボディのお陰で、打撃攻撃が通用しません。

東方家を狙っている時には、家からかなり離れた場所に潜んでいたため、射程距離はかなり長いです。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 18巻」P.118

それでも、ゲブ神のように数キロメートルもの長距離ではないようです。

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 C ビニールすら破れない
スピード C
射程距離 A 百メートル程度?
持続力 C
精密動作 C
成長性 E

ゲブ神の場合は、スタンドと視覚を共有できないため(ていうか本体のンドゥールは盲目)鍛え抜かれた聴覚で、状況を判断していました。

しかし、アクア・ネックレスの場合は、屋内にいて本体からは視認できない状態でも、スタンドを自在に操っていました。

この事から、スタンドと本体は視覚を共有できるようです。地味ですがこれもとても便利です。これなら他人の体内だろうが、地面の中だろうが自由に行動することができます。

シルバーチャリオッツは、本体と視覚が共有できないので、エボニーデビルとの戦いでは、ベッドに下に縛り付けられて苦戦していました(*_*;

特殊能力

アクア・ネックレスの特殊能力は実は色々とあります。

アクア・ネックレスの特殊能力

  • 物に擬態する
  • ブランデーのラベルに化けて、仗助の祖父が間違って飲んだところを殺害

  • 人格を操る
  • 初登場時に男の体内に潜入して、強盗を働く

  • 皮膚などに触れるとダメージを与えられる
  • 承太郎の口元に触れて、出血を伴う傷を負わせる

触れただけでダメージを与えられるのは、生物だけのようです。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない 18巻」P.123

また、アクア・ネックレスは、ビニールすら破れないほどの非力さです。そのため、打撃や切断のような物理的なダメージではなく、触れると裂傷を与えることができるというスタンド能力と考えられます。

そのため、アクア・ネックレスの常套戦術は、相手の体内に潜入して、殺害するか人格支配することです。

水に同化したり、擬態する能力は、相手の体内に潜入するために、とても理に適っています。

スポンサーリンク



有効度

水に同化する能力を使って、他人の体内に潜入すれば、健康診断や病気の治療に使えるかもしれません。

擬態の能力を使って、画家やデザイナーのようなアーティストにもなれるかもしれません。

人格を操って、面接やプレゼンテーションなど、重要なイベントを代わりやってあげるなんてこともできますね。(就職面接の肩代わりなんかは、ズルなのでNGかもしれませんが)

どの能力を使うかによっても、色んな使い道がある有益なスタンドです。

リスク

アクア・ネックレスは、とにかくパワーが無いので、ボトルなどに閉じ込められてしまうと致命的です。

うっかり、潜入した空間が密閉されてしまうと、事実上能力が封印されてしまいます。その状態で振り回されたり、シェイクされたりすれば、本体である自分も吹っ飛ばされ、命にかかわります。

密閉空間に入り込まないように、細心の注意が必要です

スポンサーリンク



悪用度

悪用するなら、やはり人格支配の能力が一番役立ちそうです。

アンジェロがやったように、他人を支配して強盗するのが、すぐに思い付く方法です。その他にも詐欺や他人の資産を奪ったりできます。

上手く権力者を支配できれば、大きな悪事も働けそうです。

悪事にも向いている能力です。

世界への影響

アクア・ネックレスの能力を使うこと自体には、世界への悪影響はありません。

水質汚染が進んだりすることも無いので、安心して使える能力です。

スポンサーリンク



使い道と活かし方

色んな使い道が思い付くスタンドですが、やっぱり、体内に入って病気の治療に使うと良さそうです。

というわけで、こんな使い方を考えてみました。

アクア・ネックレスの活かし方


アクア・ネックレスは物体を通過できないため、口から入っても、消化器官以外には入れません。

しかし、注射や点滴などを使えば、血管内にも入れるため、脳の中にも入ることができそうです。

視覚も共有できるため、外科手術が難しい場所も、治療できそうです。

霧状になれば、肺の治療もできそうです。

やはり、医療で使うのが、最も社会貢献になりそうな使い道ではないでしょうか?

総合評価★★★★☆

アクア・ネックレスはパワーが無いため、機械の中に入っても、何もできないでしょう。

しかし、人体の中なら様々な、治療行為ができそうです。

医学の知識も当然必要ですが、脳の病気なんかも治療できるので、医学分野では貢献できそうです。

それを踏まえて、総合評価は★★★★☆としました。

パワー無さ過ぎなので、日常生活ではあまり役立ちそうにないのが残念です。

しかし、アイデア次第で、まだまだ面白い使い方もできそうですね。

でも、くれぐれも瓶の中に入れられたりしないように、注意しましょう(^^;

§アクア・ネックレスが登場する巻(文庫本)§