ザ・グレイトフル・デッドは周囲にいる生物を、老化させてしまう強力な能力です。

その能力は無差別でしかも広範囲です。味方ですら区別なく老衰の危険にさらす恐ろしい能力です。

ただ、老化させて衰弱させるだけの能力に、果たして平和的で便利な活用方法などあるのでしょうか?

というわけで、今回はザ・グレイトフル・デッドの能力の考察と活用方法を考えてみます。

スポンサーリンク



ザ・グレイトフル・デッドの能力

ザ・グレイトフル・デッドは、プロシュートが操るスタンドです。

付近の生物を徐々に老化させる能力を持っています。老化することで体力が衰え、体に様々な衰弱症状が現れ、最終的には老衰死してしまいます。

能力の影響範囲内にいる生物は、無差別に老化させるため、敵味方の区別をつけることはできません。

ただし、体温を下げると、老化が収まるという特徴があります。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風 33巻」P.78

そのため、氷などで体を冷やすことで、若返らせることができます。

スタンドの射程距離はさほど長くないため、近距離パワー型のスタンドに分類されます。

特徴

能力の影響範囲が、かなり広いです。

射程距離は“列車1本程度の距離”となっています。これはスタンドの射程距離ではなく、能力の影響範囲のことを指しているため、非常に広範囲にわたって、老化させることができます。

また、通常の老化速度はゆっくりですが、直接触れると一気に老化させることが可能です。

ミスタは、プロシュートに抱きつかれることで、一気に老化して戦闘不能になってしまいました。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風 33巻」P.120

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 B
スピード E
射程距離 C 列車1本程度の距離
持続力 A
精密動作 E
成長性 C

老化能力にスタンドパワーを使っているため、接近戦はあまり得意ではありません。

老化で衰えたブチャラティのスティッキィ・フィンガーズにも後れを取るほどでした。

スピードも精密動作性も低いですが、能力の持続力は高く、瀕死状態でもずっと能力を継続させるほどでした。

特殊能力

特殊能力は、老化能力です。

この老化能力には次のような特徴があります。

  • 体温を下げると若返る
  • 冷やして、体温を下げると老化能力を消すことができます。

    氷で冷やされたナランチャは、あっという間に元の若さを取り戻しました。

    このことから、体を冷やすことは、老化を緩やかにするというよりも、能力を打ち消してしまうと考える方が合理的です。

  • 直接触れると一気に老化させることができる
  • 対象の生物に直接触れると、一気に老化させることができます。

    この場合は、体を冷やしている相手でも、構わず老化させることができます。

    氷で体を冷やしていたはずのミスタも、あっと今に先頭不能状態にさせられてしまいました。

  • 単純に体細胞を老化させるだけ
  • ゴールド・エクスペリエンスは生命力を与え続けることで、木を生長させ続けました。そして、最終的にはその木の一生を終えるほど生長させ、枯れさせました。

    しかし、ザ・グレイトフル・デッドの場合は、子供がそのままヨボヨボに老化していました。単純に体自体を老化させる能力です。

氷のかけら程度でも、十分老化を止めることができることから、離れている場合の老化パワーは大したことが無いようです。

ただし、激しい運動などで体温が上昇すると、氷でも老化を止められません。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風 33巻」P.161

この老化能力の速度は、触れている・触れてないだけでなく、相手の体温にも影響されるものです。

スポンサーリンク



有効度

広範囲にわたって、生物を老化させて殺すことができます。

そのため、害虫や害獣を駆除することに用いることができます。

ただし、無差別にあらゆる生物を死滅させてしまうことが欠点です。

リスク

当然ながら、能力を使うことは、付近の人たちの命を危険にさらすことになります。

能力の影響範囲が広い上に、相手を選べません。そのため、ほとんどの場所では、この能力を使うことができません。

能力を使うこと自体が、リスクそのものです(-_-;)

スポンサーリンク



悪用度

無差別に老化させるというだけの能力なので、上手な悪用方法も思いつきません。

無差別殺戮をした所で、自分には大して得することなどありません。

悪事にも使い辛いスタンドです。

世界への影響

無差別に老化させると言っても、能力の範囲は一定の範囲内だけです。

そのため、世界への影響はそれほど大きくないと言えます。

とは言え、繁華街などでこの能力を使えば、あっという間に大混乱が起きます。

そういった意味での影響力は甚大です。

スポンサーリンク



使い道と活かし方

生物を無差別に老化させるという能力なので、なかなか役に立つ使い道が思いつきません。

それでも、こんな使い方を考えてみました。

ザ・グレイトフル・デッドの活かし方


生物を老化させて死滅させることができるため、害虫駆除などに便利です。

例えばスズメバチの巣の駆除などを、安全に行うことができます。

家主には、避難してもらうか、体を冷やし続けてもらうなどして、老化の影響を避けてもらいます。

隠れて姿が見えない害虫にも効果があるため、ゴキブリ駆除などにも使えます。

総合評価★★☆☆☆

ザ・グレイトフル・デッドは、基本的に生物を老化させ、衰えさせることにしか使えません。

一応、害虫や害獣駆除には使えそうですが、それも見方によっては、生態系の破壊でしかありません。

ポジティブな使い方が思いつかないスタンドなので、総合評価は★★☆☆☆としました。

普通にしていたら、能力を発動することもできないため、持っていても何の役にも立たない、スタンドだと思います…。

§ザ・グレイトフル・デッドが登場する巻(文庫本)§