ボストンテリアの元野良犬、イギーが操るスタンドです。

そのスタンド能力よりも、可愛らしい外見が魅力のキャラクターです。イギーが死んじゃった時は、本当に悲しかったな~。

第三部後半では、DIOの館を見つけたり、強敵を撃破したりと、大活躍をしました。

でも、平和目的で使う場合は、戦闘能力など重要ではありません…。

果たして、ザ・フールはどのように使うと効果的なんでしょうか?

今回はザ・フールの活用方法を考えてみます。

スポンサーリンク



ザ・フールの能力

本体は、ニューヨークでアヴドゥルに捕らえられた、イギーというボストンテリアです。

スタンドの外見は、犬と車を足して2で割ったような姿です。

射程距離は、長くないため、近距離パワー型に分類されるスタンドです。

ただし、通常のスタンド違い、ボディは砂の塊です。そのため、たとえスタンドであっても、打撃攻撃は一切通用しません。物理攻撃が主体のスタンドとは、非常に相性が良いのが特徴です。

ちなみにイギーは物語に登場したばかりの頃と、終盤では顔が全然違いますね…。

個人的には、承太郎にぶん投げられた時の、この顔が一番好きなんですよね(笑)

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 12巻」P.273

特徴

スタンドのボディは砂でできています。ただし、砂を固めた状態なら、シルバーチャリオッツの剣をも取り込むことができます。そのため砂と言っても、本当の砂ではなく”スタンドの砂”のようです。

そして、この砂のボディは、色んな姿に化けることができます。

ンドゥールとのバトル時には、グライダーになりました。ただし、複雑な機構を持つ物にはなれないため、推進力は無く、ただ滑空するだけのものでした。

また、ヴァニラ・アイスに対して、DIOに変装して、不意打ちを仕掛けています。(でも、イギーってDIOの姿を知らないはずのような気がするんですが…)

また、この砂がダメージを受けても、本体には影響が無いようです。同じくヴァニラ・アイスのスタンドであるクリームに、砂を飲み込まれても、イギーにはダメージはありません。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 16巻」P.150

【基本スペック】
項目 評価 備考
破壊力 B 砂を固めると、鋭利な刃物のようにもできる
スピード C 砂のボディなので、スピードはそこそこ
射程距離 D
持続力 C
精密動作 D
成長性 C

イギー自身は、スタープラチナと互角だと思っているそうです。確かにスタープラチナのオラオララッシュも無効化する防御力は、大きなストロングポイントです。

砂のボディは、ダメージを受けない代わりに、脆いため、本体を守るのにも適していません。

ホルス神とのバトル時には、つららミサイルを防ぐためには、あまり効果が無く、逃げ回っていました。

©集英社文庫「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース 15巻」P.99

ただし、ガッチリと固めると、水を通さないくらいの頑丈なドームを作ったりもできます。その代わり、機動力は損なわれてしまうようです。

また、攻撃手段は、腕を使った打撃や手刀程度です。

高い防御力に対して、あまり攻撃力は高くないスタンドです。

特殊能力

ザ・フールの特殊能力は、変幻自在の砂のボディです。

この砂は様々なものに、姿を変えることができます。

姿形だけを似せるだけでなく、本物と全く同じ声を出すことができます。

ペットショップに対しては、イギー自身に化けて、不意打ちに成功しています。ヴァニラ・アイスに対しては、DIOに化けて、会話までして騙す寸前まで行きました。

やはり、一番の能力は、この変幻自在に姿を変える能力でしょう。

スポンサーリンク



有効度

不死身の砂のボディは、平和的な生活を前提にすると、大して役に立つ能力ではありません。

変幻自在と言っても、複雑な機構をした物を再現することもできません。

やはり、他人に変装する能力を活かした、活用方法を考えると良さそうです。

リスク

ザ・フールの能力を使うことで、直接的なリスクはありません。

砂と言っても、スタンドなので、普通の人には特に害はないでしょう。

ただし、無断で他人に変装すると、色々と問題がありそうです。

スポンサーリンク



悪用度

変幻自在の能力を使えば、詐欺などの悪事に使えそうです。

でも、なりすまし詐欺くらいの使い道しかできないのであれば、あまり役に立つとは言えないかもしれませんね(-_-;)

世界への影響

ザ・フールの能力を使っても、直接的には世界への影響はありません。

悪意を持って使うなら、国家元首を暗殺して、自分が成り代わることで、世界に大きな影響を与えられるかもしれません。

単に能力を使うだけなら、大きな問題は無いでしょう。

スポンサーリンク



使い道と活かし方

不死身の砂のボディは、平和に暮らす時には、あまり意味がありません。

そうなると、変幻自在に姿を変える能力を、活かす方向で考えた方が良さそうです。

そこで、このような活用方法を考えてみました。

ザ・フールの活かし方


変幻自在に、姿を変える能力を活かした職業が向いてそうです。

モデルにならば、色んな人の姿になって仕事ができます。

俳優などの代役もできそうです。ただし、他人に化ける場合は、必ず本人の承諾がないと、NGですね。

それに、偽物なのに、本人だと言い張って仕事をするのも詐欺行為なのでNGです。

ちなみにスポーツ選手のような、激しい運動をする人の代役には不向きです。

強い衝撃を加えると、砂のボディが崩壊してしまい、偽物であることがバレてしまいます(^^;

総合評価★★★☆☆

個人的にはとっても好きなキャラクターなんですが、活用方法が難しいスタンドです。

承太郎曰く「簡単(シンプル)なヤツほど強い」そうですが、シンプル過ぎて使い方が思いつきません。

そのような、使い道の難しさを考慮して、総合評価は★★★☆☆にしました。

他人に変装できるのが、一番使えそうな能力なんですが、他にも似たような能力のスタンドが、多いのもマイナスポイントです。

かなりの高精度で、他人に変装できるので、それを上手に使えば、生活には困らないかもしれませんね。

活用方法のアイデアがあれば、ぜひコメントください(^^;

§ザーフールが登場する巻(文庫本)§